SNS集客のメリット・デメリット!目的に適した媒体の選び方も紹介

「SNSを使って集客をするメリットって何だろう?」

「SNSを使う集客にはデメリットもあるのかな?」

「どのSNSを使って集客すればいいんだろう…」

初めてSNSをビジネスに活用する人にとっては、イメージが湧きずらく、上記のような疑問を抱いている人もいますよね。また、中には本当に集客できるのか不安な人も多いはず。

そこで、今回はSNSを使って集客するメリットをデメリットも交えて紹介します。また、SNSの選び方や集客を始める際のポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

なお、次の記事ではSNSから集客する方法を、実際に見込める集客効果も交え詳しく解説しているので良ければ参考にしてください。

集客に適したSNSはどれ?運用方法や効果も紹介

なぜSNSは高い集客効果を見込めるのか

下記3つの理由から、SNSは高い集客効果を見込める媒体といえます。

  • 年々、SNSの利用者数は増加している
  • 幅広い年齢層が利用している
  • 情報収集源として利用している人が多い

次の画像からも分かる通り、日本国内におけるSNS利用者は年々増加しています。

2021年末の利用者数は8,149万人にも及び、今後も利用者数は増加する見込みです。

利用者数が多ければ、それだけあなたの発信した情報を多くの人が見てくれるため、高い広告効果が期待できます。

また、SNSは若者から高齢者まで、世代を問わず利用されているんです。

上画像から、10代~60代の年齢層にはSNS利用者が半数以上いることが分かります。

そのため、SNSを使えば幅広い年齢層へのアプローチが可能です。

加えて、情報収集目的でSNSを利用している人が多いのも、集客として適している理由の1つです。

SNSを情報収集源として利用しているということは、そこから商品やサービスの購買意欲が生まれやすいことを意味しています。

なぜなら、調べている時点でユーザーの興味があるからです。

あとは自身のサービスや商品を認知してもらうだけで顧客になる可能性がありますよ。

以上の3点から、SNSは高い集客効果を見込める媒体だといえるのです。

SNSを使って集客する4つのメリット

SNSは高い集客効果が見込めると理解したところで、SNSを使って集客する下記4つのメリットを解説します。

それぞれ詳しく解説していきますね。

広告費がかからない

1つ目のメリットは、SNSを使った集客に広告費がかからないことです。

基本的に、すべてのSNSはお金をかけずに利用できます。

一部SNS内で広告を出す際には費用がかかってきますが、月額2万~3万程の金額から始められます。

ちなみに、SNSが登場する前のテレビや雑誌を使った広告には、約200万円程の費用がかかっていました。

そのため、広告費をかけずに集客できることが、いかに大きな利点か分かりますよね。

また、無料で利用できるのは利益をあげやすい側面もあります。

従来の方法では広告費がかかってきてしまうため、十分なリターンがなければ、利益をあげられませんでした。

しかし、SNSの場合は運営費用がかからないため、利益があげやすいです。

拡散力が強い

拡散力が強いのも、SNSで集客をするメリットの1つです。

例えば、下画像のようにTwitterでは『リツイートボタン』という気に入った情報を気軽に他者と共有できる機能があります。

リツイートされた投稿は、より多くの人が目にする『トレンド』欄に掲載されるため、さらに投稿が拡散します。

このように、SNSでは自分の気に入ったモノを他者とシェアする機能が備わっている場合が多いです。

これまでも、テレビや雑誌で紹介された商品が口コミ等で拡散することはありました。

しかし、SNSの場合はボタン1つで世界中の人たちと情報を共有できますよ。

そのため、より多くのユーザーに新商品やイベントなどの告知を素早く届けることができます。

見込み客を獲得しやすい

見込み客が獲得しやすいのも、SNSを使った集客のメリットです。

そもそも、集客を行う上では狙ったターゲットユーザーにアプローチできるかが重要となります。

これまでテレビや雑誌を使った集客では、ユーザーを指定して発信することができなかったため、狙ったターゲットユーザーにアプローチできませんでした。

しかし、SNSでは地域や年齢・特徴を指定して発信できるため、ターゲットユーザーにアプローチしやすいのです。

そのため、SNSを使えば見込み客を獲得しやすくなります。

顧客のリピートに繋がりやすい

下記の理由から、顧客のリピートに繋がりやすい点も、SNSを使って集客するメリットと言えます。

  • フォローや友達登録ができる
  • 保存機能がある
  • いいねやコメントができる

フォローとは、気に入ったアカウントを登録する機能のことです。

いわば「お気に入り機能」のようなものですね。

フォローしてもらうことにより、あなたの投稿を定期的に見てもらえるため、リピーターに繋げやすいです。

また、いいねやコメント機能があなたとのコミュニケーションとなり、より身近な存在として感じてもらえます。

ユーザーにとって身近な存在となれれば、親しみもわき、リピーターにもなってくれますよ。

SNSを使って集客する4つのデメリット

SNSを使って集客をするメリットが理解できた人の中には、デメリットも理解した上でSNSの利用を検討したいという人もいるはず。

そこで、SNSを使って集客する以下4つのデメリットを解説します。

運用コストがかかる

運用コストがかかる点は、SNSを使った集客のデメリットといえます。

なぜなら、常にユーザーから認知してもらうためには、定期的な投稿が不可欠となるからです。

更新速度が遅いと、ユーザーの興味も薄れ、フォローを外されてしまう場合があります。

したがって、1日1回ペースで投稿する必要があるのです。

また、閲覧数を伸ばすためには、投稿する文章や写真にもこだわる必要があるんです。

ユーザーの目に留まる投稿をするためにも、内容を考える時間と労力にコストがかかってきます。

表現の制限・規制がある

運営元が決めた表現の制限や規制に従わなくてはならない点も、SNSを使った集客のデメリットといえます。

SNSは、それぞれ運営元となる企業が規制やルールを決めているんです。

利用者は、運営元が定めたルールに従わなければならず、どんな内容も自由に投稿できる訳ではありません。

仮に、運営が定めた規制に引っかかっていると判断された場合は、アカウント停止の恐れまであります。

そのため、時には規制により自分のしたい表現ができない場合もあるかもしれません。

運営元が定めた規制やルールには気を配っておいてください。

炎上するリスクがある

SNSを使った集客には、炎上するリスクがある点もデメリットの1つです。

SNSのメリットは強い拡散力ですが、同時に不適切な内容の投稿を一気に拡散させてしまうリスクもあります。

実際、過去『バイトテロ』と呼ばれる、従業員の不適切な写真投稿が問題になったニュースを目にしている人も多いはず。

上記のように一度炎上してしまうと鎮火するのは難しく、長い間悪いイメージを払拭できなかった企業も多いです。

そのため、炎上するリスクがあるのは企業にとって大きなデメリットとなります。

使用制限やアカウントの凍結リスクもある

SNSには、急に使用制限をかけられたり、アカウントが凍結させられるリスクもあるんです。

例えば、インスタのガイドラインには「多様なオーディエンスに配慮した写真と動画を投稿してください。」との1文があります。(※1)

上記のことから、投稿した写真がユーザーに配慮していないと判断された場合にはアカウントを凍結されてしまうんです。

SNS集客においてのアカウント凍結は、これまで確保してきた顧客リストを全て失うことと同義ですので、ダメージは非常に大きいですよ。

(※1):Community Guidelines | Instagram Help Center

あなたに合う集客用SNSの選び方

SNSには複数の媒体があるため、集客をする上でどの媒体を利用すればいいのか分からない人もいるはず。

そこで、下記4つの中からあなたに合う集客用SNSの選び方について解説していきます。

それぞれ特徴も合わせて解説していきますね。

若い女性を狙うなら『Instagram』

Instagramの特徴は、次の通りです。

  • 若い女性のターゲティングに優れている
  • 視覚的効果による集客が優れてる

Instagramは下記のデータからも分かる通り、若年層である10代~20代の利用者数が多く、特に女性利用者が多い媒体です。

若年層の女性をターゲットとする場合、Instagramの利用が優れていると言えます。

また、Instagramは写真や動画をメインにした投稿が得意です。

写真や動画によって、商品を利用した際のイメージが伝わりやすくなります。

加えて、『インスタ映え』という言葉があるように、おしゃれな写真が好まれる傾向にあります。

Instagramは写真による視覚的効果で高い集客力を発揮しますよ。

情報の拡散力を重視するなら『Twitter』

Twitterの特徴は、次の通りです。

  • 拡散力が優れている
  • リアルタイムな情報提供に優れている

特に情報の拡散力に優れているのがTwitterです。

Twitterの機能である『リツイート』により、あなたの投稿を見たユーザーが他者に共有することで、より多くのユーザーへと拡散されます。

また、140文字のテキストによる投稿が中心であるのも特徴です。

加えて、『トレンド』と呼ばれるリアルタイムの情報を入手しやすい機能があります。

そのため、イベント・キャンペーン告知などリアルタイムな情報を提供しやすい側面もあるのです。

リツイートによる拡散力と合わさり、Twitterは即効性を狙いたい情報の投稿に適しています。

企業向けに集客するなら『Facebook』

Facebookの特徴は次の通りです。

  • 企業向けの集客に適している
  • ビジネスシーンでの活用に適している

企業向けに集客するならFacebookがおすすめですよ。

なぜなら、情報の信用度が他のSNSよりも高くなっているからです。

実名で登録する必要があり、年齢や居住地などの入力情報も正確性が求められます。

加えて、企業アカウントとして企業名や商品名でアカウントを作れますので、企業に対してのアプローチがしやすいです。

また、SNSの企業利用率が他SNSと比べて最も高いです。

NTTコムの調査データを元に作成

多くの企業がFacebookを利用しているため、ビジネスシーンでの活用に優れています。

Facebookは、自身のサービスや商品を企業へ売り込むには最適です。

見込み客を育てるなら『LINE』

LINEの特徴は、次の通りです。

  • 見込み客を育てるのに適している
  • 幅広い見込み客へのアプローチが可能

LINEでは、アカウントを友達登録してもらうことで登録者個人にアプローチできる点から、見込み客を育てるのに適しています。

また、LINEは若年層から高齢者に至るまで幅広い年代の人たちが利用しています。

LINEの利用者数は、2022年時点で9,200万人にも及びました。(※1)、

そのため、幅広い見込み客へのアプローチが可能となり、ターゲティングしやすい側面もあります。

(※1):【公式】LINE広告

SNS集客を始める前に確認しておきたい3つのポイント

焦って集客を始めても、満足のいく結果を生み出すのは困難です。

そのため、ここからはSNS集客を始める前に確認しておきたい下記3つのポイントを解説します。

それぞれ詳しく解説していきますね。

アカウントのコンセプトは決まっているか

まず、アカウントのコンセプトが明確に決まっているかを確認しましょう。

コンセプトとは、アカウントの世界観や発信する情報のことです。

コンセプトが決まると投稿内容が一貫し、ユーザーから見て『何の情報が得られるアカウントなのか』分かりやすくなります。

その結果、ターゲットユーザーを集客しやすくなるのです。

コンセプトを明確化するには、目的設定が重要です。

例えば「若い女性ユーザーからの認知度を高めたい」のように、最終的にもたらしたい結果を設定します。

上記の場合、若い女性が気にいるオシャレで可愛い系の投稿がコンセプトとなります。

ターゲットユーザーは明確か

ターゲットとなるユーザーが明確になっているか、事前に確認してください。

ターゲットがぶれていると、狙ったユーザーを集客できなくなります。

ターゲットを明確化するためには、ペルソナの設定が重要となります。

ペルソナとは、商品やサービスを提供する架空の人物像のことです。

下記の7項目を設定することで、よりユーザー視点に立った集客ができるようになります。

  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • 住所と職場
  • 趣味
  • 悩み
  • 欲求

上記の項目を設定し、より具体的にユーザー把握をすることで効果の高い集客が見込めますよ。

ターゲットに合わせた戦略は決まっているか

事前にターゲットに合わせた戦略を練っておくことも重要ですよ。

なぜなら、有効的な集客方法はターゲットによって変わってくるからです。

戦略を立てる上で重要なのが、集客するのに1番効果的なSNSを決めることです。

前章にて解説したように、各SNSごとに特徴や強みが違ってくるため、ターゲットの特徴に合わせたSNSを選んでください。

ターゲットの年齢・性別・特徴・ニーズなどから、より効力が発揮されるSNSを選びます。

ターゲットに適したSNSを活用することで、高い集客効果が発揮されますよ。

まとめ

今回は、SNSを使った集客のメリット・デメリットについて解説しました。

SNS集客は、昨今SNSの利用者が増加している背景もあり、非常に高い効果が期待できます。

しかし、良い面だけではなくリスクもありました。

メリットとデメリットの両面を見て、今後SNS集客を行っていくか判断すると良いですよ。

また、SNS集客において活用するSNS選びも重要となってきます。

あなたに合うSNSの選び方は以下の通りです。

  • 若い女性を狙うなら『Instagram』
  • 情報の拡散力を重視するなら『Twitter』
  • 企業向けに集客するなら『Facebook』
  • 見込み客を育てるなら『LINE』

上記の通り、各SNSにはそれぞれ特徴がありますので、今回解説したようにターゲットに合わせて決めると良いですよ。

この記事により、あなたのSNS集客をサポートできたら幸いです。