SNSマーケティングに必要なスキルは?マーケティング手法から成功事例まで解説

「SNSマーケティングに必要なスキルってなんだろう?」

「経験がなくてもSNSマーケティングができるか不安…」

SNSマーケティングを取り入れ集客したいが、何から取り組めばいいのかもわからずに不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

そもそも自分にSNSマーケティングができるのか疑問を抱く人もいるはず。

そこで、今回SNSマーケティングに必要なスキルを身につける方法も交えて解説します。

本記事の解説を読めば、今からでもSNSマーケティングができるようになりますよ。

スキルを身につければSNSマーケティングは誰でもできる

結論、スキルを身につければSNSマーケティングは誰でもできます。

株式会社Faber Companyが企業のマーケティング担当を対象に調査したところ、約7割以上もの企業がSNSをマーケティングに活用していることがわかりました。(※1)

上記のように、SNSをマーケティングに取り入れている企業はたくさんあるのです。

また、下記アカウントのように、個人の飲食店でもSNSをマーケティングに活用しています。

個人でも、SNSの機能を利用してマーケティング活動が行えているのです。

そのため、スキルを身につければSNSマーケティングは誰でもできるといえます。

必要なスキルは以降で詳しく解説していますので、参考にしてください。

(※1):7割以上の企業がSNSをマーケに活用

SNSマーケティングに必要な5つのスキル

ここでは、SNSマーケティングに必要な下記5つのスキルを紹介します。

上記のスキルを身につけることで、未経験者でもSNSマーケティングが行えますよ。

投稿内容の企画力

投稿内容の企画力は、SNSマーケティングにおいて重要なスキルです。

なぜならSNSマーケティングでは、ただ自社の商品やサービスを紹介するのではなく、ユーザーにとってメリットのある投稿を企画し、より多くのユーザーへと情報を届けることが重要となります。

基本、SNSはユーザーにとって有益な情報と判断された場合、多くのユーザーへ投稿が届けられる仕組みです。

例えばアパレル業者の場合、ただ服を紹介するだけでなく、おすすめのコーディネート例も合わせて紹介することでリーチ力を高めているアカウントがあります。

出典元:@gu_for_all_

コーディネート例も合わせて紹介してもらえると、購入後のイメージも沸きやすいため、ユーザーも助かりますよね。

上記のような、ユーザーにとって有益な投稿内容を企画する能力がSNSマーケティングには必要です。

情報収集能力

情報収集能力も、SNSマーケティングに必要なスキルの1つです。

新しいSNSの登場や機能の追加は目まぐるしく、変化への対応力が問われます。

例えば、TikTokが登場し人気が出たことで、Instagramは2020年に短編動画専用のリール投稿というコンテンツを作りました。

ユーザーのニーズにもはまり、人気の動画は数千万回も再生されるほど注目度の高いコンテンツとなったため、この変化に対応できたかで大きな差が付いたのです。

また、上記に応じてユーザーの好みも変わります。

TikTokやリール投稿の登場によって短編動画が好まれる傾向となり、逆に長編動画の閲覧数は低下しました。

上記の情報がキャッチできていなければ、いつまでも長編動画を発信することとなり、リーチ数やユーザーのアクション数が落ちてしまう結果となったのです。

そのため、トレンドが移り変わっても対応できるよう、情報取集能力が必要となります。

アカウントの現状を分析する能力

SNSマーケティングには、アカウントの現状を分析する能力も必要です。

分析することで、現状のアカウント状況を理解し、より良くするための改善策が講じられます。

しかし、分析能力が乏しければアカウントを客観的に見ることができないため、現状の問題点を見つけられません。

問題点を見つけられなければ、改善策を講じることもできないため、アカウントは停滞してしまいます。

そのため、下記の数値からアカウントの現状を分析し、問題点を見つける能力が必要なのです。

  • リーチ数
  • 閲覧数
  • ユーザーのアクション数(いいね数、コメント数、シュア率など)

例えば、リーチ数のわりに閲覧数が低ければ、ユーザーの興味を引く内容で投稿できていない事が考えられます。

したがって、ユーザーのニーズを洗い直したり、目を引く画像を使うなどの改善策が見つかるのです。

上記のように、アカウントをより良くするためには、現状を分析する能力が必要となります。

ユーザーとのコミュニケーション能力

ユーザーとのコミュニケーション能力も、SNSマーケティングに必要なスキルの1つです。

ユーザーとのコミュニケーションは信頼関係の構築に繋がります。

例えば、ユーザーからのコメントへ返信したり、いいねをすることでこれまで対多数に対して発信していたのが対個人となり、その人との関係が築けるのです。

コメントをもらったユーザーからすると、あなたとの距離がずっと近くなるため、親近感を抱き良好な関係が築けます。

また、ユーザーの声を投稿内容に反映させることで、よりユーザーに適した投稿が可能となるのです。

しかし、コミュニケーションが取れなければ、ユーザーとの信頼関係が構築できないだけでなく、ユーザーからの印象も悪くなってしまうので注意してください。。

上記のことから、ユーザーとのコミュニケーション能力は必要といえます。

炎上や誹謗中傷に対するリスク管理能力

SNSマーケティングにおいて、炎上や誹謗中傷に対するリスク管理能力も必要です。

SNSでは、ユーザーが不快な思いをする軽率な発言をキッカケに炎上してしまったり、ユーザーから誹謗中傷されるリスクがあります。

一度炎上してしまうと鎮火するのは難しく、企業イメージを大きく損なう結果となるため、非常に危険です。

また、誹謗中傷されているコメントをユーザーが見ることによって、せっかくの潜在層や興味を抱いていたユーザーが離れるキッカケにもなります。

そのため、下記の対策でリスク管理する必要があるのです。

  • 投稿前に内容をダブルチェックする仕組みを作る
  • 言葉遣いや投稿内容のマニュアルを作成する

上記の対策を講じることで、リスクは軽減できるため、リスク管理能力は重要となります。

SNSマーケティングに必要なスキルを身につける3つの方法

SNSマーケティングに必要なスキルを理解できたところで、スキルを身につける下記3つの方法を解説します。

実際にSNSアカウントを運用してみる

実際にSNSを運用することが、スキルを身につける近道です。

実際に投稿してみることで、ユーザーのリアルな反応が知れます。

特に、先述したコミュニケーション能力は実際にユーザーと関わってみなければ、身につきません。

SNSを運用する際にはPDCAサイクルを回し、修正と改善を繰り返すことで、よりスキルの習得が早くなります。

PDCAサイクルとは、下記のSTEPをもとにSNSの運用を行うことです。

  • P:PLAN(計画)
  • D:DO(実行)
  • C:CHECK(評価)
  • A:ACTION(改善)

SNS運用では、上記のPULANが企画となり、CHECKがアカウントの現状分析となります。

そのため、目的に適した内容の企画を立てて投稿した上で、アカウント分析をすることにより、改善案が見いだせるため企画力の向上へとつながるのです。

同時に、アカウント分析をすることでアカウントの現状を分析する能力も身につきます。

上記のことから、実際にSNSアカウントを運用し、ユーザーの反応を見ることが1番の学びとなるのです。

成功しているアカウントを真似る

SNSマーケティングの成功アカウントを真似ることも、スキルを身につけるには大切です。

成功アカウントは、SNSマーケティングを成功へと導く1つのモデリングとなるため、真似ることで多くの学びが得られます。

例えば、成功アカウントから下記のポイントを真似ることで、企画の参考となりますよ。

  • 画像の使い方
  • 使われているハッシュタグ
  • ユーザーへの興味付けから商品購入・サービス利用までの導線

成功しているアカウントは上記のポイントを適切に使うことで、高いリーチ力や訴求力を実現しているのです。

また、成功しているアカウントから現在のトレンドも把握できます。

ハッシュタグのトレンドや現在の流行を情報収集できるため、自身の投稿にも反映させましょう。

上記のことから、成功しているアカウントを真似ることも学びにつながります。

インサイト機能を活用して現状の分析・改善を繰り返す

SNSにあるインサイト機能を活用して現状分析・改善を繰り返すことでスキルの向上につながります。

インサイト機能とは、SNSにあるアカウントの現状を分析するツールです。

インサイト機能を活用することで、下記の項目が分析できます。

  • リーチしたアカウント数
  • アクションを実行したアカウント
  • 合計フォロワー
  • 各投稿に関する数値

各投稿ごとの細かなアクション数も把握できるため、現状分析の大きな助けとなります。

また、分析した情報をもとに企画やユーザーとの関わり方を改善できるのです。

上記のように、インサイト機能を利用して現状のアカウント状況を見出すことでスキルの向上が見込めます。

SNSマーケティングの成功事例

ここまでの解説を読んだ人の中には

「必要なスキルは理解できたが、自分にできるイメージが沸かない…」

と感じている人もいるはず。

そこで、SNSマーケティングの成功事例として下記4つのアカウントを紹介します。

LINEアカウント『こにし動物クリニック』

こちらは、動物病院である『こにし動物クリニック』のLINEアカウントです。

LINEのトーク機能を利用して、ユーザーとの密なコミュニケーションを実現しています。

予約キャンセルで空いた枠をトークでお知らせし、トーク画面で予約の受付をすることで、ユーザー個人と直接的なコミュニケーションが行えており顧客獲得に活かしているのです。

また、毎月LINEでクーポン情報を発信することで、ユーザーのリピート率を高める工夫がされています。

上記により、約200人~300人のユーザーがクーポンを利用するために来院してくるようです。

ユーザーとコミュニケーションを取り、有効的な関係を築いているアカウントとなります。

Instagramアカウント『洋服の青山』

出典元:@aoyama_girls

こちらは、紳士服をメインに販売している『洋服の青山』が運営する3つのInstagramアカウントのうちの1つです。

見てのとおり、洋服の青山とはイメージがかけ離れたアカウントですよね。

上記のアカウントでは、10代~20代の女子学生をターゲットとしており、映える写真の撮り方や制服コーデなどを紹介しています。

最新のトレンド情報を前面に押し出すことで、高い集客率を誇っているのです。

また、最新トレンド情報を発信しつつ、たまに自社商品の紹介も織り交ぜることで、商品のアピールも行っています。

徹底してユーザーにとって有益な情報を発信することで、いいねなどのアクション率も高く、新たな顧客層の開拓に成功したアカウントです。

Twitterアカウント『花王』

出典元:@KaoKurashiCP_jp

こちらは、大手日用品メーカーである『花王』のTwitterアカウントです。

こちらのアカウントでは、キャンペーン企画を実施し、商品への訴求や認知度拡大を実現しています。

定期的にキャンペーン企画を発信することで、ユーザーが花王の商品を購入するキッカケを作っているのです。

以前には、アカウントをフォローしてリツイートしてくれたユーザー100名に景品が当たるキャンペーンを企画し、最終的に1.8万以上もリツイートされていました。

リツイートする投稿が多いほど当選確率が上がる仕組みにし、多くのユーザーがリツイートするよう促したのです。

上記のように、ユーザーを獲得するための企画が上手く機能しているアカウントといえます。

まとめ

今回は、SNSマーケティングに必要なスキルとその身につけ方を解説しました。

SNSマーケティングが未経験の人にとっては、自分にできるか不安なことも多いですよね。

今回解説した、下記のスキルを身につけることにより、未経験者でもSNSマーケティングができるようになります。

  • 投稿内容の企画力
  • 情報収集能力
  • アカウントの現状を分析する能力
  • ユーザーとのコミュニケーション能力
  • 炎上や誹謗中傷に対するリスク管理能力

上記のスキルを身につけるには、実際にSNSアカウントを運用することが近道となります。

本記事で解説した内容を参考にしてもらえれば、スキルを身につけられますよ。

この記事により、あなたがSNSマーケティングをする力となれれば幸いです。