Facebookマーケティングを始めるには?コツを成功事例と合わせて解説

SNSの中でも、特にユーザー数が多いFacebook。

ユーザーの中には集客目的で活用している企業も多く、マーケティング施策として注目を集めています。

現状は活用していないが、今後マーケティングへのFacebook利用を検討されている人も多いはず。

しかし、中には

「本当にFacebookを使ってマーケティングはできるの?」

「Facebookを使ったマーケティングのやり方がわからない…」

と思っている人もいるのではないでしょうか。

特に、初めてSNSでマーケティングしようとしている人は、何から始めればいいのかイメージが湧きませんよね

そこで、今回はFacebookを使ったマーケティングの始め方を、成功させるコツや事例も交えて紹介します。

Facebookがマーケティングに適している3つの理由

そもそも、Facebookを使ってマーケティングができるのか半信半疑な人もいますよね。

そこで、まず初めにFacebookがマーケティングに適している下記3つの理由を解説します。

幅広いユーザーが利用している

10代から40代と、幅広いユーザーが利用しているFacebookはマーケティングに適したSNSだといえます。

上記から、Facebookは若者だけでなく30代以降も利用するSNSだとわかります。

10代~20代の若年層がメインユーザーであるInstagramと比べると、利用者層の厚みが見受けられますね。

幅広い年代のユーザーが利用しているSNSほど、マーケティングできる対象者の範囲が広がるため、集客や認知の拡大に適しています。

利用ユーザーの幅広さはFacebookでマーケティングする際の強みになるともいえますね。

発信がユーザーに届きやすい

他のSNSに比べ発信がユーザーに届きやすい点も、Facebookがマーケティングに適している理由の1つです。

他のSNSでは、基本的に時系列順で表示されるため、時間が経つにつれて投稿は埋もれてしまいます。

一方、Facebookの投稿は時系列順ではなく、ユーザーの興味・感心が高いとFaceboo側から判断された投稿順に表示されるのです。

Facebookの判断基準は、ユーザーからのいいね数やコメント数によって決められ、ユーザーとの親密度が高いアカウントを優先して表示させます。

そのため、Facebookでは投稿してから時間が経ったモノでも表示される場合もあるため、ユーザーの目に留まりやすいです。

また、Facebookでは友達がいいねをした投稿も表示される仕組みのため、友達の友達にまでリーチ可能となっています。

そのため、他のSNSと比べると、より多くのユーザーへ発信を届ける仕組みが整っているのです。

ユーザーをターゲティングしやすい

アカウントを作る際、実名や実年齢を必要としない他のSNSに対し、Facebookのアカウント作成時には次のような個人情報の登録が求められます。

  • 実名
  • 実年齢
  • 今の居住地

アカウントの登録情報が本人に紐づいた実情報であれば、集客するユーザーの選定(ターゲティング)といったマーケティング施策の精度が高くなります。

Facebookなら、年齢や居住地から発信するユーザーを絞って投稿できるからです。

上記のような特性から、現状9000万社もの企業がビジネス目的でFacebookを活用しています。(※1)

ユーザーをターゲティングしやすいFacebookは、マーケティングに適したSNSといえるのです。

(※1):Giving Small Businesses the Tools to Succeed on Facebook

マーケティングに役立つFacebookの機能3つ

Facebookはマーケティングに優れていると理解できたところで、ここからはマーケティングに役立つFacebook機能を解説します。

Facebookには様々な機能がありますが、今回はマーケティングで特に役立つ下記3つの機能を紹介します

Facebookページ

Facebookには、個人向けの『個人ページ』と企業向けの『Facebookページ』2種類のアカウントがあります。

それぞれの特徴を下記にまとめました。

Facebookページ個人ページ
登録名会社やブランド名でも可能個人の実名のみ
作成できるページ数複数可能1ページのみ
アカウントの管理者複数人本人のみ
インサイト機能×
広告機能×

上記のように、マーケティング目的でFacebookを活用するのであれば、Facebookページを作成しましょう。

Facebookページを作成することにより、会社名や商品名、ブランド名でアカウントを作れるため、企業のアピールになります。

そのため、多くの企業がホームページの代わりに利用しているのです。

他にも、Facebookページを作成するのには、次のようなメリットがあります。

  • 複数人で管理可能
  • リクエストなしでフォローできるため、フォローのハードルが低い
  • インサイト機能が利用できる
  • 広告を出せる

どれも、マーケティングをするには助かる機能となっています。

特にFacebookページならではの機能として、いいねをすることでフォローと同じ扱いとなるため、フォローのハードルが低く多くのユーザーが自社アカウントを登録してくれるのです。

上記により、投稿した内容を定期的に見てくれるユーザーが増えるため、マーケティングに役立ちます。

ショップ機能

出典元:@g.u.japan

Facebookには、商品の訴求力を高めるショッピング機能があります。

ショッピング機能とは、Facebook内で商品の購買が可能となる機能のことです。

通常SNSでは商品の購入をしてもらいたい際、アプリ内での購入ができないため、自社サイトや商品購入ページへと促す必要があります。

しかし、購入に至るまでの過程でユーザーの購買意欲が下がってしまい、ユーザー離れを引き起こし、購入へ繋がらないケースがあるのです。

一方Facebookのショッピング機能を活用すれば、自社サイトに誘導する必要がないため、ユーザーの購買意欲を下げさせることなく、購買意欲の高まったタイミングで商品を購入してもらえます。

そのため、商品への訴求力を高めることが可能なのです。

広告機能

Facebookには、マーケティングに役立つ広告機能が複数用意されています。

Facebook広告は、次の8種類の中から利用目的に合わせて選択可能です。

  • 写真広告
  • リンク広告
  • カルーセル広告
  • 動画広告
  • スライドショー広告
  • キャンバス広告
  • ダイナミック広告
  • コレクション広告

それぞれに特徴があり、狙える効果も変わってきます。

中でも、商品販売を促したいなら、コレクション広告がおすすめです。

コレクション広告とは、複数の写真や動画を表示し、カタログ形式で商品の紹介が行える広告法です。

一度に複数の商品を紹介できるだけでなく、広告からアカウントページやウエブサイトへの誘導も行えます。

また、先述したショッピング機能と組み合わせることにより、さらに訴求力を高められるため、おすすめです。

上記のようにFacebook広告は、高いマーケティング効果を期待できますが、費用面も最低1日100円程となっており、始めやすくなっています。

そのため、Facebookの広告機能はマーケティングに役立ちますよ。

Facebookマーケティングの始め方

ここまでの解説を読まれた人の中には、早速Facebookを使いマーケティングしていきたいと思っている人もいることでしょう。

しかし、始めていこうにも

「Facebookマーケティングをするには何から始めればいいの?」

と悩まれている人もいるはず。

そこで、ここからはFacebookマーケティングの始め方を下記の5STEPで解説します。

以降の解説に沿ってもらえれば、スムーズにFacebookマーケティンを始められますよ。

STEP1:マーケティングの目的を定める

まず初めに、マーケティングの目的を定めましょう。

目的が曖昧では、自分の取るべき行動もわからないため、マーケティング効果が薄くなってしまいます。

そのため、新規顧客を増やしたい、訴求率を高めたい、認知度を向上させたいなどFacebookマーケティングを行う目的を定めてください。

事前に目的を定めることにより、適切なマーケティング方法やFacebookの使い方が決められます。

また、目的を定めればチームで同じゴールを共有できるため、円滑にマーケティングを進められます。

以降のSTEPで解説している内容は、目的を達成するためであることを念頭に入れて見てください。

STEP2:ターゲット層を明確にする

マーケティング目的が定められたら、ターゲット層を明確にしましょう。

ターゲット層の設定が甘ければ、投稿内容も抽象的になってしまい、ユーザーも何を伝えたいのかわかりません。

例えば、アパレル業者でターゲット層を女性とだけ決めていた場合、20代向けの服や40代向けの服など年齢層を絞らずに発信してしまう恐れがあります。

これでは、結局どんな系統の服が売られているのかユーザーに伝わらず、興味を引かれませんよね。

そのため、ターゲット層を明確にし、投稿内容を絞る必要があるのです。

ターゲット層を明確にするには、下記の項目から集客したいユーザー像を具体化するといいですよ。

  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • 住所と職場
  • 趣味
  • 悩み
  • 欲求

ターゲットを明確にすることで、Facebookでは狙ったユーザーへ向けて発信できるため、集客効果が高まります。

STEP3:目的達成までの道筋を立てる

ターゲット層を明確にしたら、目的達成までの道筋を立てましょう。

道筋とは、目的を達成するまでに踏まなくてはならない段階のことです。

事前に道筋を立てておかなければ、目的達成のために今何をするべきなのかわかりません。

そのため、目的達成までの道筋として、目標の数値化を行いましょう。

例えば、新規顧客を獲得したいならファン数やリーチ数、既存顧客を増やしたいならリピート率やアクション数などが目標として定められます。

目標数値を定めることにより、アカウントの運用計画が立てられるだけでなく、現状との差異から問題点を見つけ出し改善へと繋げることが可能です。

STEP4:投稿する内容を決める

事前に決めた目的やターゲット層をもとに投稿内容を決めましょう。

ポイントとしては、あからさまに商品の宣伝をするのではなく、ユーザーにとって有益な情報とすることです。

宣伝感が前面に出ている投稿は、ユーザーから敬遠される傾向にあるため、閲覧数が伸びにくいです。

対して、ユーザーにとって有益な情報は、ユーザーの反応も良くいいねやシェアがされやすいため、リーチ力が向上します。

例えば、アパレル業者で20代女性の訴求率を高めたい場合には、20代女性向けの服と一緒にコーディネート例も紹介することでユーザにとって有益な情報となります。

また、ショッピング機能を利用すれば、訴求率の向上も狙えますよ。

上記のように、目的とターゲット層に適した投稿内容を考えましょう。

STEP5:投稿時間と投稿頻度を決める

最後に、投稿時間と投稿頻度を決めましょう。

Facebookユーザーの利用頻度が高い時間を狙って投稿することで、閲覧数の向上が期待できます。

Facebookユーザーの利用率が高い時間帯は19時~22時となっているため、この時間を狙って投稿するといいですよ。(※1)

また、運用当初はフォロワー数も少ないため、1日に1回ペースや2日に1回ペースでの投稿が望ましいです。

投稿頻度を高くし、より多くのユーザーへ発信することで、認知度の向上にもつながります。

上記を参考に、投稿時間と投稿頻度を決めてください。

(※1):Facebookアプリデータからみる、一番利用されている時間帯とは?

Facebookマーケティングを成功させる3つのコツ

これからFacebookマーケティングを始めていく人の中には、

「ちゃんと成果を出せるか不安…」

と悩んでいる人もいることでしょう。

そこで、Facebookマーケティングを成功させるコツとして下記の3つを解説します。

上記のコツを取り入れることで、きっと成果につながりますよ。

一目でわかるプロフィールを作成する

出典元:@daisosangyo

1つ目のコツは、一目で企業の必要な情報が伝わるプロフィールを作成することです。

プロフィールページはユーザーが一番最初に目にする箇所のため、企業のイメージを作る重要な役目となります。

プロフィールページが見にくかったり、魅力的でなければ、その時点でユーザーが離れてしまうのです。

そのため、一目で企業の魅力が伝わるように、わかりやすく尚且つ機能的なプロフィールを作る必要があります。

その点、Facebookのプロフィールページは自由度が高いため、企業イメージを伝えるのに適しているのです。

プロフィールページは次を意識して作成してください。

  • プロフィール画像には会社のロゴや代表者の顔写真など、企業のアピールとなる画像を活用する
  • カバー画像では、商品・サービスの画像を使い直接的に企業イメージを伝える
  • プロフィール文には、どんなユーザーに向けて何を発信しているのか簡潔に記載する
  • 集客導線を配置する配置(ショップボタン・自社サイトへのURLなど)

上記に加え、新商品や注目商品などユーザーに見てもらいたいタイムリーな投稿をトップへ固定することで、ユーザーからの注目度が高まるため、おすすめです。

一目で企業の魅力が伝わり、商品やサービスの利用へと促せるプロフィールを作成しましょう。

ユーザーから共感されやすい内容を投稿する

2つ目のコツは、ユーザーから共感されやすい内容を投稿することです。

Facebookの仕組み上、ユーザーの興味・感心が強いと判断された投稿が上位に表示されます。

判断基準はユーザーとの親密度となっており、いいねやコメント・シェア数で判断されるのです。

そのため、ユーザーから共感されやすい内容を投稿することで、いいねやコメント・シェアを獲得しましょう。

ユーザーから共感されやすい内容は次のとおりです。

  • 商品の活用法やお客さんの悩みに答えたりなど、ユーザー目線に立った投稿
  • キャンペーンによる割引やお得な情報など、ユーザーにとってメリットのある投稿
  • 企業の裏側を見せる投稿

中でも、キャンペーン企画による情報はユーザーの反応率が高く、認知度の向上に役立ちます。

出典元:@lion.clinica

上記のアカウントでは、プレゼントキャンペーンを実施した結果、1297件ものいいね数を獲得しました。

ユーザーから共感される内容を投稿することで、認知拡大や新規ユーザーの獲得につながるのです。

しかし、あまりにもビジネス感の強い投稿には注意が必要となります。

こちらの思惑がユーザーへ伝わってしまうと敬遠されてしまい、逆効果となるため、日頃の感謝によるキャンペーンなど前置きをしてから実施すると効果的ですよ。

ユーザーの興味を引くクリエイティブを作成する

3つ目のコツは、ユーザーの興味を引くクリエイティブを作成することです。

画像や動画を用いている投稿は、ユーザーへの影響力が強いと判断され、投稿欄の上位に表示されます。

先述した、フェイスブックの投稿が上位に表示される仕組みですが、ユーザーとの親密度の他にも、ユーザーにとって有益な情報かどうかでも判断されるのです。

有益な情報と判断されるには、テキストだけでなく画像や動画を用いることが重要となるため、下記のようにユーザーの興味を引くクリエイティブを作成する必要があります。

出典元:@HaagenDazsJP

また、上記のように商品やサービスのイメージを直接伝えられるため、ユーザーの訴求力を高める効果も期待できます。

そのため、ユーザーの興味を引くクリエイティブを作成することで、マーケティング効果が高まるのです。

Facebookマーケティングの成功事例5選

ここまでの解説を読み、Facebookがマーケティングに適していると理解できたと思いますが、中には

「まだアカウントのイメージが持てない…」

と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そこで、Facebookマーケティングの成功事例として下記5つのアカウントを紹介します。

  • 人気ケーキ店『キルフェボン』
  • アパレルショップ『GU』
  • 教材販売『ワールド・ファミリー株式会社』
  • 醸造所『西酒造』
  • 革製品専門『土屋鞄製造所』

人気ケーキ店『キルフェボン』

こちらは、人気ケーキ店である『キルフェボン』のアカウントです。

綺麗な画像を用いることで、ユーザーの興味を引いています。

また、キルフェボンの最大の特徴としては、商品の解説文がとても丁寧であり長文なことです。

通常SNSの投稿においてテキスト文は、短い方がユーザーも読みやすいため閲覧数が伸びると言われています。

しかし、Facebookユーザーの年齢層は高いため、素材や産地など丁寧に解説されている方がニーズに合っている場合もあるのです。

キルフェボンでは、ユーザーのニーズに合わせて商品を丁寧に解説することで、ユーザーから高い評価を得ています。

綺麗な画像と詳しい解説によってユーザーからのいいね数が多い、人気のアカウントです。

アパレルショップ『GU』

出典元:@g.u.japan

こちらは、アパレルショップである『GU』のアカウントです。

自社商品の紹介として、コーディネート例を見せることで商品の購買意欲を高めています。

また、人気モデルを起用することにより、モデルのファン層を獲得する効果もあるのです。

写真の載せ方も工夫されており、メイン写真を大きく見せてサブ写真を複数見せることでカタログ風にし、見やすくしています。

加えて、ショッピング機能も活用することで、商品への訴求力を高めているのです。

出典元:@g.u.japan

商品の紹介から購入への促しが上手い、アカウントとなります。

教材販売『ワールド・ファミリー株式会社』

出典元:@WorldFamilyKK

こちらは、教材販売を行っている『ワールド・ファミリー株式会社』のアカウントです。

実際に商品を購入した人たちへインタビューをし、その内容を発信しています。

上記により、購入後のイメージをユーザーに持たせ、購買意欲を高める工夫がされているのです。

また、こちらの企業はキャンペーンを実施することで訴求率の向上に成功しました。

ターゲット層である主婦層に向け、プレゼント企画として応募者の中から抽選でディズニーグッズが当たるキャンペーンを実施した結果、商品購入率が2.4倍にまで高まったのです。

ユーザーにとってメリットのある投稿をすることでマーケティングを成功させたアカウントとなります。

醸造所『西酒造』

出典元:@Nishi.the.Brewing

こちらは、醸造所である『西酒造』のアカウントです。

お酒を作る工程や製造者へのインタビューを発信することで、企業の裏側を見せ、ユーザーからの共感を狙っています。

実際にユーザーからの反応も良く、作る工程が知れることでお酒への愛着が持てているようです。

また、ユーザーから寄せられたコメントに対して1人1人丁寧に返信することで、ユーザーとの信頼関係を構築しています。

出典元:@Nishi.the.Brewing

上記のように、ユーザーとコミュニケーションを取ることでファン化を促進させ、リピーターへと育てる効果があるのです。

商品への愛着を持たせることも含めて、ユーザーを継続利用へと促すのが上手いアカウントとなります。

ハンドメイド店『土屋鞄製造所』

出典元:@tsuchiyakaban

こちらは、ハンドメイドで革製品を多く製造している『土屋鞄製造所』のアカウントです。

商品紹介が主な投稿内容ですが、製品への拘りや素材の解説をしており、商品の魅力が伝わってきます。

加えて、ショッピング機能も活用しており、写真からワンタップで商品購入ページへと移れるため、訴求力が高いです。

商品紹介だけでなく、イベント情報のお知らせもしています。

出典元:@tsuchiyakaban

レザークラフトが体験できるワークショップを開催することで、店舗への来店を促しているのです。

店舗ならではのサービスを実施することで、ユーザーの集客を実現しています。

まとめ

今回は、Facebookマーケティングの始め方からコツを成功事例と合わせて解説しました。

これまでFacebookを活用してこなかった人にとっては、Facebookマーケティングがどのようなものかイメージできませんよね。

今回解説したように、Facebookはマーケティングに適した媒体なため、解説内容を元にFacebookマーケティングを始めてみてください。

Facebookマーケティングの始め方は下記の5STEPです。

  • STEP1:マーケティングの目的を定める
  • STEP2:ターゲット層を明確にする
  • STEP3:目的達成までの道筋を立てる
  • STEP4:投稿する内容を決める
  • STEP5:投稿時間と投稿頻度を決める

上記の手順に沿ってもらえれば、スムーズにFacebookマーケティンを始められますよ。

この記事により、あなたのFacebookマーケティングがサポートできれば幸いです。