TikTokの運用代行会社おすすめ10選!選び方や依頼する利点も紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

「裁量権をもって働ける」
「PDCA文化が定着してるので、会社と人材の成長が著しいと感じる」

「上司からの期待値がかなり高いので、つらいときもあるがやりがいを感じる」

TikTokの運用代行会社は数多くあるため、どこに依頼しようか悩む人は多いですよね。料金やサポート内容など、詳細を確認しないまま契約しては「他のところに頼めばよかった…」と後悔しかねません。

そこで、今回は当メディアが厳選したおすすめのTikTok運用代行会社を、選び方も交えて紹介します。TikTok運用を代行するメリットやデメリット、費用の相場も解説するので、ぜひ参考にしてください。

目次

TikTokの運用代行とは?

TikTokの運用代行とは、SNSマーケティングに特化した企業がクライアントに代わりTikTokアカウントを運用するサービスです。

具体的には、次のようなアカウントに関する運用を代行してもらえます。

  • 競合分析
  • 投稿する内容の企画・立案
  • 動画の撮影・編集・投稿
  • TikTokerやインフルエンサーのキャスティング
  • TikTok広告の運用
  • フォロワーへの対応
  • レポーティング


TikTokを運用することで商品やサービスの認知度向上、ブランディング・採用活動など、さまざまな目的を達成できます。しかし、TikTokは独自のアルゴリズムやトレンドがあり、効果的に運用するには専門的な知識とノウハウが必要です。

運用代行を利用すれば、これらの課題を解決できます。しっかりとした知識とノウハウを持つ専門企業に運用を任せることで、効果的なTikTok運用を実現し、企業のビジネス目標を達成につながるのです。

TikTokの運用代行会社を選ぶ比較ポイント5つ

TikTokの運用代行会社をてきとうに選んでしまうと、イメージしていた効果が見込めず、かけた費用や時間を無駄にしかねません。

そこで、ここからはTikTokの運用代行会社を選ぶポイントを、5つにまとめて紹介します。

TikTokの運用代行会社を選ぶ比較ポイント5つ

実績

TikTok運用代行会社を選ぶ際には、まず実績を確認することが大切です。実績は、公式サイトに掲載されている運用アカウント数や累計運用数などが当てはまります。

他にも、自社アカウントのいいね・フォロワー数も実績として判断しやすいのでチェックしておきましょう。

実績は、多くのクライアントから信頼を得ている証拠です。信頼できる運用代行会社であれば、安心してアカウントの運用を任せることができますよね。

実績を確認する方法として、以下の3つを参考にしてください。

  • 会社HPに掲載されている実績
  • 代行会社が運用しているTikTokアカウントのフォロー数や知名度
  • 利用者の口コミや評判


運用代行会社の中には公式サイトに実績が明記されていない場合もあるので、資料ダウンロードや問い合わせで確認するとより確かな実績を確認できます。

価格

運用代行会社を選ぶポイントの2つ目は価格です。ここでの価格は単純に安いか高いかではなく、価格とサービス内容が適切であるかが重要になります。

例えば、自社のリソースが不足しているため、投稿代行だけを依頼したいのなら月額数万円のサービスで十分です。しかし、目標設定や企画立案からしっかりと行ってほしい場合などは、市場や競合調査も必要になるため、費用が高くなりやすいでしょう。

また、撮影代行やインフルエンサーのキャスティングなどが含まれていると、価格は高くなりやすいです。

運用代行会社の価格が適切かどうかは、自社の予算や目標をハッキリさせておくと判断しやすいですよ。

ちなみにTikTok運用代行の価格は、初期費用で0〜50万円程、月額費用で20万〜100万円程度が相場です。運用代行で発生する費用は、運用するアカウントの規模や内容、利用するサービスの種類によって異なりますので、参考にしてください。

サービス内容

運用代行会社を選ぶポイントの3つ目はサービス内容です。TikTok運用代行会社によって提供するサービス内容は異なります。

  • 企画・立案
  • 動画の撮影・編集・投稿
  • TikTok広告の運用
  • フォロワーへの対応
  • レポーティング


上記のように、さまざまなサービスがあるのです。

契約前にサービス内容を確認しておけば、ノウハウやリソース不足を効率よく解消でき、不要なサービスを使わずに済むので費用を抑えられます。

自社のニーズに合ったサービスを提供してくれる会社を選ぶことが大切ですので、こちらも契約前に目標の整理や代行して欲しい内容などをまとめておくと失敗しにくいですね。

サポート体制

TikTok運用代行会社によっては、運用開始後も定期的なレポートやサポートを提供しています。主なサポート内容は下記になります。

  • TikTokアカウント初期設定
  • 電話、メール、チャットでの相談
  • 定期ミーティング
  • 効果測定レポートの提出
  • 改善案の提出


サポート体制が不十分な会社だと「今何をしてくれるの?」と不安に感じたり、不測の事態に連絡が着かず対応してもらえないこともあるのです。

サポート体制の違いとして、メールやチャットなどテキストのみでやり取り可能なサービスもあれば、専属担当者が付いて電話やリモート会議でも相談可能なサービスもあります。

「何をどこまでやってくれたのか?」を知りたい人や、「アカウントの状態や効果まで把握したい」という人には、サポート体制が充実した会社がおすすめです。

サポート体制が充実している会社を選ぶことで、運用を安心して任せることができますよ。

効果測定レポートの有無

TikTok運用代行会社がレポートを作成しているかどうかも選ぶポイントとして重要です。

運用代行会社に依頼する場合、目的や目標が必ずあるはずです。目標を達成するために、どんな施策を行ってくれたのか、運用の効果、改善案などを報告してくれるのがレポートになります。

レポート作成の大きなメリットは、運用状況や結果が可視化できる点です。投稿実施日や投稿後の反応、運用結果を元にした改善案などがしっかりと確認できるので、社内報告の際にも便利です。

レポート作成をしていない会社の中には、アカウントの分析は行わず、運用状況すら把握していない質の低い会社もあるので注意してください。

会社によっては月に数回の定例ミーティングで、レポート内容を細かく説明してくれるので、より効果的にTikTokを運用したい場合にはレポートの作成やミーティングがサービス内容に含まれている会社がおすすめです。

TikTokの運用代行会社おすすめ10選

スクロールできます
会社名価格投稿頻度撮影代行
株式会社BEEM月額66万円~週1回有り
studio15株式会社要問合せ要問合せ要問合せ
株式会社Enigol月額16.5万円~調査中有り
※スタンダードプランから可能
合同会社SNAPLACE月額44万円~週に1回有り
株式会社エイト月額22万円~月10回~※別途オプションで可能
株式会社pamxy要問合せ要問合せ要問合せ
株式会社トピカ月額22万円~要相談※別途オプションで可能
株式会社アップデート月額24万円~月10回~有り
株式会社ニュートラルワークス月額16.5万円~週1回~※別途オプションで可能
株式会社メディアエイド月額49.5万円~月15回~有り

公式サイトの情報をもとに記載しています。
価格には2023年9月時点の税込み価格を記載しています。

株式会社BEEM

出典: BEEM

株式会社BEEMは、TikTok運用代行に必要な市場調査から企画立案、投稿代行と分析レポートまで全て行ってくれる会社です。

専属の担当者がつき、運用目的のヒアリングをしっかり行ってくれた後、お客様に合った施策や方針を決定してくれます。目的ごとに最適な運用方法を提示してくれるので、高い効果が見込めるでしょう。

最大の強みは、正確で細かい分析データを行ってくれる点です。市場・競合の調査、トレンドやエンゲージメント分析を駆使して最も効果の出やすい企画に落とし込んでくれます。

出典: BEEM

また自社でもTikTokを運用しており、48万フォロワーを超えるアカウントにまで成長させているため、バズらせるを体現している運用代行会社という面でもおすすめできる会社です。

過去に運用したアカウントの中には、英会話講師のアカウントで最高810万回再生、5万人のフォロワー数増加を達成している実績もあります。

  • 数百万のコンテンツデータをもとにTikTokのマーケットにあわせた動画を投稿
  • 企画から運用まですべて対応可能
  • 最短で成果が出るよう運用を分析・改善してもらえる
運営会社株式会社BEEM
価格PROSHOOT:月額66万円~
投稿頻度週1回
撮影代行有り
主なサポート内容TikTokアカウント初期設定
市場・競合調査
ターゲット設定
コンテンツ設計(企画・台本制作)
撮影代行
編集代行
投稿代行
公式LINEの活用
ミーティング実施(1回/月)
データレポート送付

公式サイトの情報をもとに記載しています。
価格には2023年9月時点の税込み価格を記載しています。

studio15

出典:studio15株式会社

studio15は、TikTokに特化している会社で、クリエイターマネジメントやアカウントの運用代行、広告動画の企画・制作からプロモーションまでTikTokに関連するさまざまなサービスを提供しています。

大手脱毛サロンのアカウント運用や全国展開するアパレルブランドのTikTokアカウントを運用するなど、実績も確かな信頼できる会社です。

経験豊富なチームが戦略・企画を練って最適な運用を提案してくれるため、トレンドやユーザーニーズも反映した質の高い運用が見込める運用代行会社の1つです。

分析レポートの作成まで行なってくれるので、運用効果をしっかり把握したい人や自社にノウハウを蓄積させたい人におすすめですよ。

実績として、1ヶ月の動画再生数が100万再生を超える大手脱毛サロンのアカウント運用や日本赤十字社公式アカウントの運用などがあげられます。

運営会社studio15株式会社
価格要問合せ
投稿頻度要問合せ
撮影代行要問合せ
主なサポート内容市場調査・ユーザー調査
運用コンセプトメイク
ターゲット設定
KPI設計
動画撮影
動画編集
投稿代行
コメント監視/返信
TikTok広告運用
月次、週次レポート
施策の数値分析
改善提案

公式サイトの情報をもとに記載しています。
価格には2023年9月時点の税込み価格を記載しています。

株式会社Enigol

出典:株式会社Enigol

株式会社Enigolは、企業の目的やターゲットに合わせて、TikTokアカウントの運用プランを策定してくれます。また、運用開始後も定期的にレポートを作成して、運用状況を把握し、改善策の提案まで対応してくれる会社です。

現状や課題を詳しくヒアリングしてから、運用方針や最適なプランを提案してくれます。申し込み前の段階で相談できるのは嬉しいですよね。

運営会社株式会社Enigol
価格ミニマムプラン:月額16.5万円~
スタンダードプラン:月額110万円~
クリエイティブプラン:月額165万円~
投稿頻度要問合せ
撮影代行スタンダードプランから可能
主なサポート内容コンセプト策定
投稿戦略
コンテンツマーケティング
企画構成
動画撮影・編集
動画投稿
市場・競合調査
改善策の提案・実行
運用レポート

公式サイトの情報をもとに記載しています。
価格には2023年9月時点の税込み価格を記載しています。

snaplace

出典:合同会社SNAPLACE

snaplaceは、経験豊富なTikTokerの中から商品・サービスの魅力が伝わるコンテンツを作れるTikTokerをアサインしてくれます。

アカウントのジャンルや目標によって、得意とするTikTokerを選定してくれるため、ユーザー目線のコンテンツが作りやすい強みがあります。

また、動画の作成や投稿代行以外にも広告運用代行も可能なため、TikTokで広告運用まで代行して欲しいという人にはおすすめの運用代行会社です。

実績として、富士急ハイランドや日本旅行のInstagramアカウント運用があげられます。TikTokアカウント運用の実績が知りたい人は、問い合わせするか、資料請求を行ってください。

運営会社合同会社SNAPLACE
価格TikTok運用代行フル:月額66万円~
TikTok運用代行スタンダード:月額55万円~
TikTok動画制作代行:月額44万円~
投稿頻度週1回
撮影代行有り
主なサポート内容動画コンテンツ作成
投稿文案作成
投稿代行
運用報告
運用改善提案
広告出稿代行

公式サイトの情報をもとに記載しています。
価格には2023年9月時点の税込み価格を記載しています。

株式会社エイト

出典:株式会社エイト

株式会社エイトは、SEOやSNS、Webサイト制作などWebマーケティングサービスを幅広く展開している会社です。

戦略から動画作成、投稿までまるごと代行してくれるプランがあり、オプションでコメント対応まで代行してくれるのが特徴的ですね。

ただバズらせることを目的とせず、Webマーケティングの視点からどうTikTokを活用していくかまでふまえて提案してくれます。

実績として、個人女性のアカウント運用にて1ヶ月間で約1万人のフォロワー数獲得、警備保障会社のアカウントで4人のリクルートに成功などがあげられます。

運営会社株式会社エイト
価格10本投稿プラン:月額22万円~
他オプション:要問合せ
投稿頻度月10回
撮影代行※別途オプションで可能
主なサポート内容アカウント開設・設計
動画作成
動画投稿
コメント対応
効果測定

公式サイトの情報をもとに記載しています。
価格には2023年9月時点の税込み価格を記載しています。

株式会社pamxy

出典:pamxy

株式会社pamxyは、You Tube運用代行やTikTok運用代行、コンサルなどのサービスを提供している会社です。

You Tubeの自社チャンネルは累計登録者100万を越えており、You Tubeで培ったノウハウをTikTokの運用代行にも活かしているサービスになります。

企画、台本、撮影、編集、投稿、レポートまで 全ての業務を一気通貫で支援してくれるので、まだアカウントを開設したばかりの段階でも安心して依頼できます。

実績として、動画再生回数300万回超えしたホテル・観光&ホスピタリティ専門学校のアカウント運用などがあげられます。

運営会社株式会社pamxy
価格要問合せ
投稿頻度要問合せ
撮影代行要問合せ
主なサポート内容企画
クリエイティブ制作
投稿代行
改善施策

公式サイトの情報をもとに記載しています。
価格には2023年9月時点の税込み価格を記載しています。

株式会社トピカ

出典:トピカ

株式会社トピカは、SNSを活用したデジタルマーケティングをメインとした会社で、TikTok以外にもInstagramやYou Tubeの運用代行も行っています。

自社メディアで培った動画マーケティングのノウハウをTikTok運用に活かしており、累計50社以上の運用実績もある会社です。

クリエイティブの作成だけでなく、動画の拡散までを考えた運用方針を提案してくれるので、現状の運用でなかなか効果が出ない人におすすめできる会社の1つですね。

実績として、カルビー株式会社のアカウント運用などがあげられます。

運営会社株式会社トピカ
価格クリエイティブプラン:月額22万円~
運用分析プラン:月額33万円~
おまかせプラン:月額55万円~
投稿頻度要問合せ
撮影代行要問合せ
主なサポート内容クリエイティブ企画
クリエイティブ撮影・編集
初期構築
投稿文・ハッシュタグ企画
投稿代行
運用レポート
定例ミーティング

公式サイトの情報をもとに記載しています。
価格には2023年9月時点の税込み価格を記載しています。

株式会社アップデート

出典:アップデート

株式会社アップデートは、さまざまなWebサービスやマーケティング支援を提供している会社です。

TikTok運用代行では、市場や競合の調査から動画制作、レポーティングまでワンストップで対応してくれるので、リソース不足で悩んでいる人におすすめしたい会社の1つ。

TikTok以外のマーケティング関連に精通しており、目的の達成を念頭に企画提案や動画作成を行ってくれるため、商品販売やブランド構築、採用関連のアカウントでも効果が見込めるでしょう。

実績として、リクルートを目的としたアカウント運用で視聴者から10名以上の採用、運用一年で100件以上のお問い合わせ獲得などがあげられます。

運営会社株式会社アップデート
価格月10本動画投稿:月額24万円~
月15本動画投稿:月額34.5万円~
月20本動画投稿:月額45万円~
投稿頻度月10本~
撮影代行有り
主なサポート内容運用コンセプトの策定
ターゲット選定
企画立案
動画撮影
動画制作
投稿代行
レポート作成
定例ミーティング

公式サイトの情報をもとに記載しています。
価格には2023年9月時点の税込み価格を記載しています。

株式会社ニュートラルワークス

出典:ニュートラルワークス

株式会社ニュートラルワークスは、3,000社以上の実績を持つデジタルマーケティングの会社です。

企画・制作・運用・分析をワンストップで代行してくれ、コメントへのいいね返信なども対応可能となっています。動画投稿へのコメントに対して、しっかり対応していきたい人には嬉しい内容ですね。

TikTok動画のクオリティにこだわっていて、アルゴリズムやトレンドの研究を重ねたクリエイターが制作を担当してくれる強みがあります。

TikTokerやインフルエンサーのキャスティングも依頼できるため、早い効果を求める人におすすめな運用代行会社です。

実績として、レジャー系のアカウントにて3ヶ月で1000人のフォロワー獲得と2件のお申し込み獲得などがあげられます。

運営会社株式会社ニュートラルワークス
価格週1回投稿プラン:16.5万円~
週2回投稿プラン:27.5万円~
週3回投稿プラン:38.5万円~
投稿頻度週1回~
撮影代行※別途オプションで可能
主なサポート内容運用コンセプトの策定
ターゲット選定
企画立案
動画撮影
動画制作
投稿代行
レポート作成
定例ミーティング

公式サイトの情報をもとに記載しています。
価格には2023年9月時点の税込み価格を記載しています。

株式会社メディアエイド

出典:メディアエイド

株式会社メディアエイドは、SNSマーケティングや広告運用関連のサービスを提供している会社です。

集客・リクルートに特化しており、160社以上の運用実績を持っているので信頼できる会社と言えます。

さらに、月2000本以上の台本を作成してデータの分析・蓄積を行っているため、アカウントに最適かつエンゲージメント率の高い投稿を作成できるのが強みです。

実績として、美容外科医として有名なドラゴン細井先生のアカウント運用にて、17万人のフォロワー獲得などがあげられます。

運営会社株式会社メディアエイド
価格月15本投稿:49.5万円~
月20本投稿:60.5万円~
月25本投稿:71.5万円~
投稿頻度月15本~
撮影代行有り
主なサービス内容運用コンセプトの策定
ターゲット選定
企画立案
動画撮影
動画制作
投稿代行
レポート作成
定例ミーティング

公式サイトの情報をもとに記載しています。
価格には2023年9月時点の税込み価格を記載しています。

TikTok運用代行会社の主なサービス内容

なかには、TikTok運用代行会社がどんなことをしてくれるのか、イメージが湧かない人もいますよね。

そこで、ここからはTikTok運用代行の主なサービス内容を、7つにまとめて紹介します。

目標設定

TikTok運用代行では、まず企業の目的やターゲットなどをヒアリングし、運用の目標を設定することが重要です。企業のマーケティング目標や、TikTokアカウントの利用目的を把握することで、運用の方向性や内容を決めることができます。

今後の運用方針やどんな動画を誰に向けて発信するのかを決める上で非常に大切な部分なので、目標設定をしっかり行わない運用代行会社があれば利用しないことをおすすめします。

目標設定では、KGIとKPIを設定することが重要です。KGIは、運用の最終的な目標を定量化した指標です。KPIは、KGIを達成するために設定する、中間的な目標を定量化した指標です。

たとえば、企業のマーケティング目標が「商品の認知度向上」である場合、KGIは「商品の認知度10%向上」と設定することができます。

KPIとしては、TikTokアカウントのフォロワー数1万人達成や動画の再生回数100万回達成のようなものが挙げられます。

KGIとKPIを設定することで、運用の成果を定量的に評価し、改善策を検討しやすくなります。

特にマーケティング経験が少ない人やTikTok運用をこれから始める人は、しっかり目標設定から行ってくれる会社を選びましょう。

企画立案

目標設定に基づき、どのような動画を作るか企画を立案します。

企画をしっかり練っておかないと、撮影する際にグダグダになってしまったり、投稿しても効果が見込めない可能性が高くなるでしょう。

TikTokの企画立案では、ターゲット層の分析や訴求したいメッセージや価値の明確化、動画での訴求方法なども含まれるため、事前のヒアリングが出来ていなければ企画にまで落とし込めません。

そのため、しっかりとヒアリングを行ってくれ具体的な企画にまで落とし込んでくれる運用代行会社がおすすめですよ。

撮影代行

TikTokは、動画を投稿するSNSです。そのため、投稿する動画の撮影を代行するサービスもあります。

動画制作のノウハウや機材を有する運用代行会社に依頼することで、クオリティの高い動画を制作することができます。

撮影する動画の質が低いと、いくら企画が良くてもバズることは難しいので、経験や技術がしっかりある撮影者を派遣してくれる運用代行会社を選べば、質の高い動画を作ることにつながります。

コンテンツ作成代行

動画の撮影だけでなく、動画に使用するテキストや音楽なども含めたコンテンツの作成を代行するサービスもあります。

動画の編集技術はもちろん、短く分かりやすいテキストを作るライティング力も重要です。

コンテンツ作成のノウハウやクリエイティブ力を有する運用代行会社に依頼することで、より効果的な動画を作成することができます。

投稿代行

ほとんどの運用代行会社で実施されているのが投稿代行のサービスです。

運用代行会社によっては、投稿のタイミングやハッシュタグの選定なども代行する場合もあります。

過去の運用から最適な投稿時間やハッシュタグなどを提案してくれる会社もあるので、事前の相談やヒアリングタイミングで確認しておくといいでしょう。

レポート作成

運用開始後に、運用状況をレポートにまとめて共有してくれるサービスもあります。

レポートには、フォロワー数や再生回数などのデータや、運用の成果などが記載されています。

ただ運用するだけでは実際に効果が出ているのかがハッキリと分からない上に、改善方法も見えてきません。レポートをもとに、運用内容を改善していくことで、より効果的な運用を実現することができます。

社内でTikTok運用の状況を共有したい人や効果・改善案を把握したい人は、レポート作成まで行ってくれる運用代行会社を選びましょう。

定期ミーティング

2週間に1回や月1回の頻度で定期的にミーティングを組んでくれる運用代行会社も多いです。

定期ミーティングでは、運用結果の報告や今後の運用方針の決定など重要な内容が議題となります。

マーケティング経験の無い人がレポートを見ても、何の数値なのかが理解できない場合もあるため、担当者が分かりやすく共有してくれるミーティングを重要視する人もいます。

また、新商品が出たり新しいキャンペーンを打ち出したい場合などに、運用代行会社側に説明することも可能なので、情報共有の場としてミーティングは非常に大切です。

TikTokの運用代行会社を活用するメリット

ここからは、TikTokの運用代行会社を活用するメリットを、3つにまとめて紹介します。

TikTokの運用代行会社を活用するメリット

早い効果が期待できる

TikTokは他のSNSと比べて拡散力が高く、ユーザーの流入やエンゲージメントが得やすいSNSです。

運用代行会社には、TikTokのアルゴリズムやトレンドを熟知したプロが在籍しています。そのため、目的に合った運用が可能で効果が早く期待できるのです。

「なんとなくこんな感じ」で運用することはなく、市場やトレンドを調査し、ターゲットを選定して刺さりやすい訴求方法や動画を作成します。

効果的な動画の企画や投稿を行うことで、短期間でフォロワー数や再生回数を伸ばすことができます。

リソース不足の解消

TikTok運用代行会社を利用したい人のほとんどは、リソース不足で悩んでいるのではないでしょうか。

リソース不足を解消できるのは、TikTok運用代行会社を利用する大きなメリットの1つです。

TikTokの運用には、動画の企画や撮影、投稿、分析など、さまざまな業務が必要です。そのため、企業が自社で運用を行うには、多くの人手が必要になります。

運用代行会社に依頼することで、これらの業務をすべて代行してもらえます。運用代行会社を利用することで、本来注力すべき業務に集中することができますよね。

目的が達成しやすい

運用代行会社は、マーケティング目標やTikTokアカウントの利用目的をふまえて、運用プランを策定します。

TikTokマーケティングに関する豊富なノウハウと実績がある会社なら、さまざまな目的に沿った最適な運用方法を提案でき、ゴールまでの道筋がしっかりと見えた上で運用してくれるでしょう。

また、運用結果の効果測定も行ってくれるので、改善点が出やすくなります。

例えば、動画の質は高く運用方針も適切なのに、なかなか効果が出ない場合には、商品設計に問題があるケースも少なくありません。商品の値段やパッケージデザインなどを見直すことで改善される場合もあるのです。

このように、具体的な改善内容も挙げられるようになり、PDCAを回していけるため、運用代行会社を利用することで目的が達成しやすくなると言えます。

TikTokの運用代行会社を活用するデメリット

メリットに続き、ここからはTikTokの運用代行会社を活用するデメリットを、2つにまとめて紹介します。

TikTokの運用代行会社を活用するデメリット

コストがかかる

運用代行会社を活用するデメリットの1つ目はコストがかかる点です。TikTok自体は無料のSNSであるため、自分で運用できればお金はかかりません。

できるだけコストを抑えたい人は、一部のサービスを利用する形がおすすめです。

例えば、運用方針の決定や動画の作成は依頼し、投稿やコメント対応は自分で行うなど、依頼する部分と自分で対応できる部分を分けることで利用料金を下げることができるかもしれません。

ただし、運用代行会社によってはパッケージが決まっていて料金の変動が難しい場合もあるので、契約前の段階で相談するといいでしょう。

イメージがズレるリスクがある

運用代行会社を活用するデメリットの2つ目はイメージがズレるリスクがある点です。

イメージのズレとは、投稿内容が会社のブランドに合っていなかったり、商品の訴求方法やターゲットが違うなどのケースです。

運用前に打ち合わせを行う会社がほとんどですが、それでも100%のイメージ共有は難しく、イメージのズレが発生してしまうことも少なくありません。

何も言わないとずっとモヤモヤした気持ちを抱えることになりますし、満足のいく結果も出にくいでしょう。

そのため、投稿を見て「ちょっと違うかも…」と感じたら遠慮せずに運用代行会社に相談することが大切です。

TikTokの運用代行にまつわるFAQ

最後に、TikTokの運用代行にまつわるよくある質問を紹介しておきますね。

Q.契約期間に縛りはあるの?

A.運用代行会社によって異なりますが、多くの会社が3〜6ヶ月程度の最低契約期間を設けています。

理由としては、TikTok運用を始めて効果が出るまでに数ヶ月〜1年位はかかる可能性が高いためです。

Q.運⽤開始までにかかる⽇数はどのくらい?

A.こちらも運用代行会社によって異なりますが、ヒアリングや企画立案、撮影、動画作成などを含めると1〜2ヶ月程で運用スタートする会社がほとんどです。

HPで運用開始までの流れやスケジュールをチェックしたり、契約前の相談で確認するのがおすすめです。

まとめ

今回は、おすすめのTikTok運用代行会社10選の紹介と、選ぶ際のポイントやメリットデメリットについて解説してきました。

TikTok運用代行会社を選ぶ際には以下の5つを意識しましょう。

TikTokの運用代行会社を選ぶ比較ポイント5つ

特に重視したいポイントなどをあらかじめピックアップしておくと選定がスムーズになりますよ。

この記事を読んで、少しでもTikTok運用代行会社を選びやすくなったら嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次