TikTokのアルゴリズムとは?特徴や傾向、攻略法も紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

「TikTokのアルゴリズムって何?」
「アルゴリズムがわかれば、TikTokで投稿をバズらせたりできるの?」

「TikTokでバズるにはアルゴリズムへの理解が不可欠」そんな噂を聞き、TikTokの投稿がどんな仕組みで表示されているのか知りたい人は多いですよね。

また、なかにはアルゴリズムという言葉は聞いたことがあるものの、何を指す言葉なのかあいまいな人もいるはず。

そこで、今回はTikTokのアルゴリズムとは何なのか、その特徴をわかりやすく解説します。投稿でバズを生み出すTikTokアルゴリズムの攻略法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

TikTokのアルゴリズムとは

TikTokのアルゴリズムとは、TikTok内で投稿される動画を評価し、ユーザーに最適な形で配信するための仕組みです。

アルゴリズムは、投稿された動画の露出や表示順位を決定する重要な要素で、バズりたい人は必須で理解しておくべき項目と言えます。

アルゴリズムが攻略できれば、多くのユーザーに動画を見てもらいやすくなるため、バズる確率がグッと上がりますよ。

しかし、TikTokのアルゴリズムは公開されているわけではありません。本記事はTikTokを分析/調査したうえでの情報をもとに記載しています。

なお、TikTokのアルゴリズムは日々変化しており、常に最適なコンテンツを提供するために改良されています。そのため、投稿者はアルゴリズムの特性を理解し、自らのコンテンツをアルゴリズムに合わせて最適化する必要があります。

また、アルゴリズムは頻繁に更新されるため、常に最新の動向を追うことも重要です。

TikTokでアルゴリズムの理解が重要な理由

TikTokでアルゴリズムの理解が重要な理由は、より多くのユーザーに動画を届け、反応を得るために必要不可欠な要素だからです。

先程もお伝えしたとおり、アルゴリズムは投稿の露出と表示順位の決定に影響を与えます。アルゴリズムが動画を評価し、ユーザーに最適なコンテンツを提示するため、理解できれば適切な戦略を立てることが出来るようになります。

また、アルゴリズムはユーザーの行動履歴や興味関心、視聴回数、いいね数、シェア数などのデータを分析し、ターゲットとなるユーザーに適した動画を優先的に表示させます。

そのため、アルゴリズムを理解することで、自らのコンテンツがターゲットユーザーにアクセスされる可能性を高めることに繋がるのです。

TikTokのアルゴリズムは2種類

主に、TikTokのアルゴリズムは2種類に分けられます。

TikTokのアルゴリズム2種類

それぞれ詳しく解説していきますね。

加算式アルゴリズム

加算式アルゴリズムとは、動画が上位に表示されやすくなったり、バズる仕組みのことを指します。

主に以下8つの指標から加算式で動画を評価しています。

  • いいね率
  • コメント率
  • フォロー率
  • シェア率
  • プロフィール閲覧率
  • 再生完了率
  • 平均再生時間
  • ダウンロード数

これら指標の数値が高いほど優先的にレコメンド欄に表示されたり、ターゲットユーザーに動画が表示されやすくなったりしますよ。

そのため、上記8つの指標を元に動画の分析・改善を行い、数値を総合的に高めていくことが重要です。

減算式アルゴリズム

減算式アルゴリズムとは、レコメンド欄に表示されなくなったり、露出や再生回数が減ってしまう仕組みです。加算式と比べると、減算式はマイナス評価を決めるアルゴリズムとなっています。

減算式アルゴリズムに該当する項目として以下の2つがあげられます。

  • 視聴維持率が低い
  • 「興味ありません」ボタンが押されている割合

動画を見た人が視聴してすぐに離脱したり、「興味ありません」ボタンを押すと減算式アルゴリズムからユーザーに求められていない不人気な動画と判断されてしまいます。

つまり、視聴時間が短く興味を持たれない動画は露出や表示回数が減っていき、バズる機会を失っていくということですね。

バズる動画を作りたいなら、加算式アルゴリズムと減算式アルゴリズムを意識して作成することが重要です。

TikTokのアルゴリズムで重要な5つの指標

ここからは、TikTokアルゴリズムの構成要素と考えられる重要指標を5つ紹介します。

再生時間

投稿された動画が実際にユーザーによってどれだけ視聴されたかを示す指標です。

再生時間が長いほど、ユーザーが動画に興味を持ち、求められている動画だと判断されやすくなります。

再生時間が長い動画は、視聴者にとって有益で面白いコンテンツである可能性が高いと推測できます。アルゴリズムは、ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、このような高品質なコンテンツを優先的に評価すると考えられます。

そのため、TikTokのアルゴリズムは再生時間が長い動画を優先的に評価し、より多くのユーザーに露出させる傾向があります。

再生完了率

再生された動画が最後まで視聴された割合を示す指標です。ユーザーエンゲージメントの良し悪しを示す重要な要素となります。

再生完了率が高いと、動画がユーザーにとって魅力的で興味深いものであることを示すことができます。

一方で、再生完了率が低いと途中で飽きられたり他の動画の方が魅力的であると判断されてしまいます。

アルゴリズムは質の高い動画を重視するので、再生完了率が高い動画をより多くのユーザーに表示されやすくなりますよ。

再生完了率を上げるためには、最後まで飽きない内容にすることや動画の最後にオチを持ってくるのがおすすめです。

複数回再生数

同じ動画を1人のユーザーが複数回再生する回数を示す指標です。

 複数回再生数が多いということは、視聴者が動画に興味を持ち、何度も再生したり他の人と共有したりするほど魅力的だという証拠です。

面白いと感じた動画や映画は何度も見たくなりますよね。TikTokのアルゴリズムでも、複数回再生される動画は質の高いコンテンツとして評価されやすくなりますよ。

複数回再生される動画を作りたい人は

  • 短尺でインパクトを与える
  • 感情を揺さぶるストーリーを構築する
  • 視覚的に魅力的な映像を作成する

などを意識してみてください。

いいね・コメント数

投稿した動画に対して、ユーザーからのいいねやコメントの数を示す指標です。

ターゲットユーザーのニーズを満たしている動画には、視聴者からのいいねやコメントが付きやすくなります。

投稿に対するいいねやコメントが多いほど、ユーザーが動画に対して肯定的な反応を示していると捉えられます。

また、いいねやコメントが多い=エンゲージメントが高い動画と判断されるので、より多くのユーザーに表示されやすくなります。

ちなみに、動画のコメントを書いていたり、他人のコメントを見ている時も再生時間に含まれるので、コメントを視聴者に呼びかけるのも効果的ですよ。

シェア数

投稿された動画が他のユーザーによってシェアされた回数を示す指標です。

TikTokには、動画をInstagramやFacebook、Twitterなど他のSNSにシェアできる機能があり、シェア数が多いということは、視聴者が動画を興味深いと感じ、自らの友人やフォロワーと共有したいと考えていることを意味します。

また、シェア数が多い動画は共有されたユーザーアカウントやフォロワーにも表示されるため、多くの新たな視聴者にアプローチすることに繋がるのです。

シェアを通じて広がる動画は、視聴者のリーチを広げる上で効果的な手段となるでしょう。

バズを生み出すTikTokアルゴリズムの攻略法3つ

ここからは、バズを生み出すTikTokアルゴリズムの攻略法を、3つにまとめて紹介します。

開始数秒に結論やインパクトを持ってくる

TikTokの動画は15〜30秒が中心なので、視聴者の注意を引き付けるためには、最初の数秒で結論やインパクトを持った映像を提供することが重要です。

視聴者が最初から興味を持ち、動画の内容に引き込まれるような要素を盛り込むことで、動画再生時間が長くなったり、最後まで再生される確率が高まります。

例えば、「これは一体何でしょう?」といった問いかけと謎めいた映像を用いて、視聴者に解答を探るよう促したり、「信じられないことが起きました!」といった形式で衝撃的な映像や事実を最初に提示すると効果的ですよ。

開始直後からインパクトのある動画の参考として、株式会社BEEMの投稿を紹介しますね。

あわせて読みたい
出典:@beem_official

禁煙のオフィスにいる社長の前で、社員がタバコを吸うという非日常的な内容で、動画スタートから「どんな反応するの?」と気になり見進めてしまいますよね。

動画の開始数秒で最後まで見てもらえるか、他の動画に移るかが決まると言っても過言ではありません。

非常に重要なので、バズりたい人は動画開始直後にインパクトを持ってくる構成を意識しましょう。

閲覧数の多い時間帯に投稿する

TikTokのアクティブなユーザー数が多い時間帯に動画を投稿することで、より多くのユーザーに動画が表示される可能性が高まり、再生数やエンゲージメントを増やすことが期待できます。

具体的にTikTokで閲覧数の多い時間帯は以下の3つです。

  • 22~24時
  • 10~12時
  • 1~3時
参考: BEEM

しかし、ターゲットユーザーによっては閲覧しやすい時間帯が変わる場合もあります。

例えば、ターゲットユーザーがサラリーマンの場合には、就寝時間の1〜3時は避け、帰宅後のリラックスタイムで22〜24時に投稿した方が閲覧されやすいですよね。

このように、TikTokでバズりやすい時間はターゲットユーザーによって異なるため、ユーザー行動やTikTokを見やすい時間帯を推測してから投稿時間を決めるのがおすすめですよ。

なお、次の記事ではTikTokのバズる時間や曜日を詳しく解説しているので、よければ参考にしてください。

ユーザーに意見・共感を求める

TikTokの動画制作において、視聴者に対して直接的に意見や感想を求める、または共感を呼び起こす要素を盛り込むことでアルゴリズムを攻略します。

視聴者とのコミュニケーションを促進し、視聴者の参加やいいね・コメントをもらうことでエンゲージメントを増加させることにもつながりますよ。

例えば、「やって欲しい企画を募集するのでぜひコメントしてください」と投げかけたり、「あなたならどうしますか?」と質問すると視聴者はアクションしやすくなるでしょう。

視聴者とのコミュニケーションを通じて、コンテンツの品質向上やフォロワーの増加、バズを生み出す可能性を高めることができるので、ぜひ実践してみてください。

なお、次の記事ではTikTokでバズる方法を詳しく解説しているので、よければ参考にしてください。

効率的にTikTokでバズるには

TikTokのアルゴリズムを理解することは重要ですが、実際に再生回数が多く反応率の高い動画を作成することは容易ではありません。魅力的な動画を作ることに苦労している場合は、専門家に任せることも一つの方法です。

「効率よくTikTokでバズりたい」と考えている人におすすめなのが、株式会社BEEMが提供する「TikTok運用サービス」です。

参考: BEEM

株式会社BEEMはTikTokマーケティングに強い会社で48万人のフォロワー数がいます。

株式会社BEEMの最大の特徴は、膨大なデータに裏付けされたノウハウを持っていることです。

参考: BEEM

データ収集したコンテンツをデータベース化し、一連の分析基盤を構築しています。このため、統計やデータなどの定量的要素から良質なコンテンツを定義し、一過性ではなく再現性のあるバズを期待することができます。

株式会社BEEMは専門の運用担当者が付き、事前の調査から企画立案、動画撮影、コンテンツ制作、投稿代行までを一貫して行ってくれます。さらに、ターゲットに合わせた戦略を立案し、効果的な投稿を行ってくれるため、企業や個人のリソースが足りていない場合にも頼りになります。

また、TikTok運用サービスでは、TikTokでのバズるために最適な運用プランを提案してくれます。データ分析に基づいた最適なコンテンツ戦略を提供しながら、ターゲットの興味を引きつけ、フォロワーの獲得やバズる可能性を最大化していくことができるでしょう。

TikTokでバズるためには、アルゴリズムの理解だけでなく、プロフェッショナルなサポートを受けることも重要です。株式会社BEEMのサービスを利用することで、効果の高いTikTok運用が出来るようになりますよ。

利用までの流れやより詳しい解説は、こちらのサイトから確認できます。

  • 数百万のコンテンツデータをもとにTikTokのマーケットにあわせた動画を投稿
  • 企画から運用まですべて対応可能
  • 最短で成果が出るよう運用を分析・改善してもらえる

まとめ

今回は、TikTokアルゴリズムの種類や重要指標、攻略方法について解説してきました。

おさらいすると、TikTokのアルゴリズムで重要な指標は以下の5つです。

上記の指標に注目しながらデータ分析を行い改善を繰り返しましょう。各指標の数値をあげることでアルゴリズムを攻略できるようになりますよ。

この記事を読んで、あなたがTikTokでバズるきっかけになったら嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次