TikTok(ティックトック)でバズる方法を6STEPでわかりやすく解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

「TikTokって、どうやったらバズるの?」
「毎日とか頻繁に投稿した方がいいのかな…」
「自分なりにはいい感じの投稿ができてる気がするけど、、全然バズらない」

いいねやシェア・閲覧数など、思うようにTikTokが伸びず、悩んでいる人は多いですよね。

このまま、やみくもに投稿を続けていては、かけた時間や手間を無駄にしかねません。

そこで、今回はTikTokでバズる方法をステップ形式でわかりやすく解説します。

TikTokでバズるのに欠かせない要素や閲覧数を伸ばすコツも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

TikTokで「バズる」とは?

TikTokにおいてバズるとは、大量の再生回数やシェア、コメント、フォロワーの増加など、他のユーザーからの関心を集めることを指します。

バズったコンテンツやアカウントは大きな影響力を持つため、商品やサービスの認知拡大に繋げられたり、企業からのPR案件を受けられる可能性があるため収益を上げることも可能です。

また、TikTok内だけではなく他のSNSでも拡散されやすくなり、さまざまな媒体で多くのフォロワーやファンを抱えることにも繋がりやすくなります。

なお、TikTokでバズるにはレコメンド欄に自分の動画が表示されることが重要で、バズるための第一歩と言えます。

TikTokでバズるのに欠かせない4つの要素

冒頭で述べたとおり、ただやみくもに投稿を続けていては、かけた時間や手間を無駄にしかねません。

そこで、ここからはTikTokでバズるのに欠かせない要素を、4つにまとめて紹介します。

TikTokアルゴリズムへの知見

TikTokには、アルゴリズムと呼ばれるものが存在します。アルゴリズムとは、ユーザーがより関心のあるコンテンツを見つけるために使用される仕組みのことです。

そもそも、たくさんの人に投稿を見てもらうには、レコメンド欄に表示されることが大切です。

レコメンド欄に表示されるためには、あなたの動画がTikTok運営側の定めた基準や項目を満たす必要があり、さまざまな基準や項目を複合的に判断する仕組みがアルゴリズムと言えます。

そのためTikTokのアルゴリズムを理解できれば、レコメンド欄に表示される可能性が高くなり、バズる確率が格段にアップします。

TikTokのアルゴリズムで重要視されている項目は、以下の5つです。

  • 再生時間
  • 再生完了率
  • 複数回再生数
  • いいね・コメント数
  • シェア数

常に新しいジャンルやコンテンツが生まれているTikTokでは、むやみに投稿しているだけだとバズる可能性が限りなく低いので、まずはアルゴリズムを理解することが重要になります。

なお、次の記事ではTikTokのアルゴリズムを詳しく解説しているので、よければ参考にしてください。

ユーザーのエンゲージメント率

バズるために欠かせない要素として、ユーザーのエンゲージメント率があります。

TikTokにおけるエンゲージメント率とは、投稿に対する視聴者のいいね、コメント、シェアなどの割合です。

エンゲージメント率が高ければTikTok運営側から高い評価をもらえ、レコメンド欄に表示されやすくなったり、多くの人におすすめの動画として表示してもらえるようになります。

例えばフォロワー数が少なくても、動画に対するいいねやコメント率が高く、再生完了率が高い場合などには、レコメンド欄に載る可能性も高くなる傾向にあるのです。

そのためTikTokでは、エンゲージメント率を意識した質の高い動画を作成することが重要になりますよ。

投稿のトレンド性

投稿のトレンド性もバズるために欠かせない要素の1つ。

TikTokのトレンドは移り変わりが非常に早いのが特徴です。新しいトレンドが生まれれば注目されやすい投稿もトレンドに寄っていく傾向があります。

そのため、投稿にトレンド要素を取り入れていくことがバズりやすくなる方法と言えますね。

日頃からレコメンド欄や人気インフルエンサーの投稿などをチェックし、現在のトレンドは何かを把握しておくことも大切です。

投稿のオリジナリティ

バズるために欠かせない要素4つ目は、投稿のオリジナリティです。

先ほどトレンドを取り入れることが大切とお話しましたが、流行っているものをマネしているだけの二番煎じではバズることは難しいでしょう。

YouTubeを例にするとわかりやすいですが、TOPユーチューバーと同じような企画をしているだけの動画は再生回数が低く、ハッキリ言って魅力がありませんよね。

TikTokも同じで、すでにバズっている動画をマネしても意味がありません。

トレンド要素を取り入れつつ、あなただけのオリジナリティがある動画にしなければ注目を集めることは困難です。

また、継続して投稿していくには、本当に興味があることや関心が持てる内容でないと長続きしません。

オリジナリティを出すためには、あなたが得意なことや好きなことを題材にするのがおすすめですよ。

TikTokでバズる方法6STEP

ここからは、TikTokでバズる方法を6つのステップにまとめて紹介します。

STEP
TikTokの運用目的を明確にする
STEP
ターゲットユーザーを決める
STEP
投稿の企画を練る
STEP
企画に沿った内容を投稿する
STEP
投稿の反応率を分析する
STEP
分析内容を踏まえ投稿を改善する

STEP1:TikTokの運用目的を明確にする

まずはTikTokの運用目的を明確にしましょう。

目標や目的によって運用方法や投稿内容が変わるため、何のためにTikTokを運用するのかを最初に決めておくことが重要です。

個人であれば、有名になってTikTokで企業から案件を受けて収益を出したい。企業であれば、サービスや商品の認知を拡大したいなど目的はさまざまでしょう。

運用目的が明確になれば、コンテンツの方向性やテーマを定めることができ、一貫性のあるアカウント構築が可能になります。

特定のテーマにフォーカスした一貫性のあるコンテンツが出来上がることで、一定層のユーザーは興味を抱きやすくなり、フォロワーの獲得やバズる可能性が高まるのです。

一方で運用目的が定まっていないと、どのような人を対象にコンテンツを制作すべきかが分からなくなり、誰にも興味を持ってもらえないアカウントになってしまいます。

コロコロと投稿内容が変わる一貫性のないアカウントは、ユーザーの興味を引き続けることが難しく、フォロワー減少や視聴回数の低下といった損失が生じる可能性があることを覚えておいてください。

以降のSTEPで解説していることは、目的を達成するためであることを念頭に入れて見てください。

STEP2:ターゲットユーザーを決める

STEP2では、ターゲットとなるユーザーを決めましょう。

ここでのターゲットユーザーとは、あなたが投稿を見てもらいたい人物像を指します。

例えば、「時短で作れる男飯」を投稿するアカウントなら、ひとり暮らしで20〜40代の男性がターゲットユーザーとして相応しいでしょう。

しかし、ターゲットユーザーが定まっていないと興味・関心を惹きやすい内容が作れなかったり、見られやすい投稿時間などが曖昧になってしまいます。

そのため、事前にターゲットユーザーを設定し、効果的に運用していく必要があるのです。

ターゲットユーザーを明確にするには、下記の項目からペルソナ設定をするのがおすすめです。

ペルソナ設定の項目
  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • 趣味
  • 悩み
  • 欲求

ターゲットユーザーが明確になれば、最適でバズりやすいTikTok運用ができるようになりますよ。

STEP3:投稿の企画を練る

STEP3では、投稿の企画を練りましょう。

いきなり思いつきで投稿しても、バズりやすい投稿にはなりません。

企画を練る前に、カテゴリー調査・コンテンツ調査・楽曲調査など、現在TikTokではどんな投稿が人気なのかを事前調査する必要があります。

上記の調査結果に基づき、トレンド要素を取り入れた企画を考えることで、バズりやすい投稿に近づけるのです。

もし企画をおろそかにすると、いつまでもバズる動画が作れず、仮に1本バズってもどうしてバズったのか分からないため一発屋で終わることが多いのです。

企画をしっかり練り、狙ってバズる動画を作ることができれば、継続して高いエンゲージメント率の動画を作成していけるようになります。

STEP4:企画に沿った内容を投稿する

STEP4では、企画に沿った内容を投稿しましょう。

意外に思うかもしれませんが、企画に沿った内容をしっかり投稿できない人も多いのです。

事前調査を行い練った企画でも、必ずバズるとは限りません。そうすると、企画していない投稿を行ってしまう人もいます。

コロコロ投稿内容が変わると一貫性がなくなり、何を発信しているアカウントなのか分からなくなってしまうので要注意です。

しっかり練った企画の内容で一定期間は投稿を続け、結果が出なければ企画から考え直すサイクルを繰り返すのがおすすめですよ。

STEP5:投稿の反応率を分析する

STEP5では、投稿の反応率を分析しましょう。

投稿したら終わりではなく、投稿後にどんな反応があったのか振り返ることが重要です。

それぞれの投稿で再生時間、再生完了率、いいね・コメント・シェア数などを分析することで、良かった点と改善するべき箇所が見えてくるでしょう。

分析すると各指標を元に反応率が高かった投稿の要素やパターンを見つけ出し、それを今後の動画作りに活かすことができます。

具体的には、反応率の高い投稿テーマ、動画構成、チャレンジやハッシュタグの活用などを把握し、それらを参考にしたコンテンツ制作や戦略の改善に繋げられます。

しかし、分析を怠るとどのような投稿が成功し、ユーザーの関心や反応を引き起こしているかを把握することができません。

結果として、成果を最大化するための戦略やアプローチを見落とし、バズる機会を逃すことにもなるのです。

インサイトからさまざまな数値を分析できるので、視聴者が求めているニーズや共感を得やすい内容を抽出して次の動画作りに活かしましょう。

STEP6:分析内容を踏まえ投稿を改善する

STEP6では、分析内容を踏まえ投稿を改善しましょう。

投稿後の反応を分析できたら、結果をふまえてより良い投稿に変化させていくことが大切です。

反応が良かった投稿と悪かった投稿を参考に、内容がどう違ったのかを比べてみてください。

例えば、家事に役立つ商品を紹介する投稿で、最後に商品を紹介するより最初に紹介する動画の方が再生完了率が高い分析結果の場合、全て最初に紹介する形式に変えるのも良いでしょう。

このように、反応が良かった投稿の良い部分を取り入れながらブラッシュアップし、投稿内容を日々改善していくことが重要です

分析と改善を繰り返していくと、クオリティの高い動画が継続的に作れるようになりますよ。

TikTokでバズる5つのコツ

なかには、

「バズる方法はわかったけど、上手くいく自信がない…」

と不安な人もいますよね。

そこで、ここからはTikTokでバズるコツを、5つにまとめて紹介します。

2日に1回のペースで投稿する

TikTokでバズるためには、2日に1回のペースで投稿しましょう。

投稿頻度が少ないと、単純に見てもらえる機会が少なくなり、バズる動画が出るまでに時間がかかってしまいます。

フォロワーからも存在が忘れられてしまいフォローを外されてしまうことも。

また、投稿頻度が少ないとインサイトで分析する材料も減ってしまい、どのような動画がバズりやすいのか検証するペースも減ってしまうのです。

そのため、早くバズるためには最低でも2日に1回のペースで投稿することを心がけましょう。

閲覧数の多い時間に投稿する

TikTokユーザーの閲覧数の多い時間に投稿するのも有効的です。

誰もTikTokを見ていない適当な時間帯に投稿しても閲覧されにくく、いざターゲットユーザーがTikTokを見た時にあなたの投稿は他のユーザーの投稿に埋もれているため見てもらえません。

そのため、ターゲットユーザーがTikTokを見ているだろう時間に投稿するのがベストです。

なお、TikTokの運用サービスを提供する BEEM が5万のアカウントを対象に時間別の平均再生時間を調査・分析したところ、次の時間帯が投稿に適しているのがわかりました。

  • 22〜23時
  • 11〜12時
参考: BEEM
参考: BEEM

例えばターゲットユーザーが学生の場合なら、スマートフォンが見れない授業中の時間は避け、通学時間の8〜10時や就寝前の21〜23時に投稿するのが良いでしょう。

ターゲットユーザーによって最適な投稿時間は異なるので、ターゲットにしている層の行動などを推測して決めるのがおすすめですよ。

なお、次の記事ではTikTokのバズる投稿時間を詳しく解説しているので、よければ参考にしてください。

投稿内容に関連性の高いハッシュタグをつける

投稿する際に、関連性の高いハッシュタグをつけるとたくさんのユーザーに動画を見てもらいやすくなります。

ハッシュタグ検索で投稿を探す人も多く、活用すればあなたに興味を持ったユーザーにリーチすることが可能です。

ここで重要になるのは、投稿内容に関連しているハッシュタグを使うことです。主婦に役立つ時短術を紹介する動画なのに、#鬼滅の刃をつけても関連性はありませんよね。

関連性の低いハッシュタグを使ってもエンゲージメント率が下がったり、TikTok運営側からマイナスの評価をもらうだけで逆効果になってしまうので絶対にやめましょう。

TikTokで流行りの楽曲を使う

流行っている楽曲を使うのも、TikTokでバズるコツの1つです。

トレンドの楽曲を使うとユーザーの興味を惹きやすくなり、再生完了率が上がったり動画の印象を覚えてもらいやすくなる効果があります。

楽曲を使う際の注意点として、出来るだけ投稿内容に合っている楽曲を使うようにしましょう。

楽しそうなハッピーな内容の動画なのに、感動する系の静かな楽曲を使うのはナンセンスですよね。

あらかじめ、トレンドの楽曲をいくつかピックアップしておき、動画の内容に合わせて適切な楽曲を使うのがおすすめですよ。

視聴者からのアクションへこまめに応える

TikTokでバズるには、視聴者からのアクションへこまめに応えましょう。

フォロワーや視聴してくれた人のコメントに返信、またはスタンプで応えるだけで「しっかり見てくれてる」と感じてもらえ、あなたを応援してくれるようになります。

また、コメントをよく読み視聴者の求めるニーズに応えるのも非常に大切です。

どんな内容の動画を求めているのか、改善するべき点などを教えてくれるので、コメントを参考にして質の高い動画作りに活かしましょう。

フォロワーやアクションしてくれた人たちに応えることで、フォロワー離れを防ぐことにも繋がりますよ。

効率よくTikTokでバズるには

ここまで解説してきたバズる方法とコツを実践していけば、あなたがTikTokでバズる日もそう遠くはありません。

しかし、なかには

「すべて自分でやり切る自信がない…」
「本当にバズらせることができるか不安…」

と感じている人もいますよね。

大前提、TikTokでバズるには事前の調査や継続的な運用が不可欠です。ただ、1人でそのすべてを実践するのは難しく、仮にできたとしても思うような成果が出るとは限りません。

そこで、おすすめなのが株式会社BEEMの「 TikTok運用サービス 」です。

出典: BEEM

株式会社BEEMは、自社で運営しているTikTokアカウントのフォロワー数が48万人を突破している、いわゆるバズっているマーケティング会社です。

バズり方を知っている実績のある会社で、最大の特徴は膨大なデータに裏付けされたバズりを生み出すノウハウです。

データ収集したコンテンツをデータベース化し、一連の分析基盤を構築しており、目的に沿った最適な運用プランを提案してくれます。

出典: BEEM

“勘や経験“でなく、“統計やデータ“などの定量的要素から良質なコンテンツを定義しているため、一過性でなく再現性のあるバズを期待できます。

専門家の運用担当者が付き、事前調査から企画立案・動画撮影・コンテンツ制作・投稿代行までをまるっとお任せできるので、リソースが足りてない企業にもおすすめです。

さらに、プランによってはBEEMのメンバーキャスティングやコラボも可能で、フォロワー数が少なくても多くの注目を集められるでしょう。

TikTok投稿で効率的にバズを生み出したい人は、どんなサポートをしてくれるのか、一度相談してみると良いですよ。

  • 数百万のコンテンツデータをもとにTikTokのマーケットにあわせた動画を投稿
  • 企画から運用まですべて対応可能
  • 最短で成果が出るよう運用を分析・改善してもらえる

TikTokでバズったアカウント成功事例

最後に、TikTokでバズったアカウントの成功事例を紹介します。

それぞれオリジナリティのある魅力的なアカウントで、多くのフォロワーを抱えているのでこれからTikTokを運用していく人はぜひ参考にしてみてください。

株式会社BEEM

出典元:@beem_official

こちらはTikTokマーケティングで日本一のフォロワー数を誇る『株式会社BEEM』のアカウント。

若者を中心に人気で、社長を筆頭に社員たちの面白い掛け合いやダンスが魅力的で、企業アカウントの成功事例として代表例の1つです。

会社=堅苦しいというイメージは一切なく、全力で楽しんでいる様子を見ていると思わず吹き出してしまうような投稿が多いですね。

社内の雰囲気の良さを画面からも感じ取れるので「こんな会社で働きたい」と憧れる人は非常に多く、実際TikTokを見て入社を希望する人も少なくないそうです。

ブランディング構築や採用をTikTokで考えている企業は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

@beem_official 経験値いたら正直に挙手🙋‍♀️🥺💦#株式会社BEEM #beemに恋してる #会社 #あるある#歌ってみた ♬ オリジナル楽曲 – 株式会社BEEM

東京グルメ

出典元:@tokyo_foods

こちらは東京で安くて美味しいお店を紹介する『東京グルメ』のアカウント。

ただ美味しいグルメを紹介するのではなく、コスパが良い隠れ家的なお店が多いのが特徴ですね。

まだ知られていない名店や新しいお店にいち早く行って取材してくれるので、こちらのアカウントをフォローしておけばお店選びには困らないでしょう。

映える料理やスイーツなども豊富で、カップルでのデートにも使えるお店があるため性別を問わず人気なアカウントと言えます。

@tokyo_foods 📍朱雀門 住所 東京都千代田区神田佐久間町3-21 東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」4出口より徒歩2分 都営地下鉄新宿線「岩本町駅」A4出口より徒歩3分 JR総武線・山手線・京浜東北線「秋葉原駅」昭和通り口より徒歩3分 営業時間  18:00〜23:00 定休日 日曜 電話番号:03-5821-2238 電話予約必須!二名以上 ○焼肉コース 2000円 (ワンドリンクオーダー必須)   秋葉原グルメ【神コスパ!焼肉コースが2000円!?】朱雀門 豪華焼肉コースが2000円!?朱雀門は秋葉原のビルの半地下にあるこぢんまりとしたお店で、予約なしでは入りにくい人気店なんだよね!2000円のコースなのに尋常じゃないお肉の量!タンはこの値段では信じられないくらいとっても分厚くてめちゃくちゃジューシー!ここの肉質は間違いなくて、超やわらかいハラミがタレとご飯と最強に合うんだよなぁ!骨付きカルビや上カルビも最高に美味しくて満足すぎる!コスパ最強でまさに奇跡のお店!ぜひ行ってみて #東京グルメ #秋葉原グルメ #朱雀門 #東京グルメ秋葉原 #秋葉原ランチ #秋葉原ディナー ♬ オリジナル楽曲 – 東京グルメ

長崎バイオパーク

出典元:@nagasakibiopark

こちらはバイオパーク株式会社が運営する『長崎バイオパーク』のアカウント。

長崎バイオパークは長崎県西海市にある動物園で、カピバラやカバ、モルモット、フラミンゴ、カンガルーなど可愛い動物の様子を発信しています。

動物たちの生活やエサを食べる姿が見られたり、普段ではお目にかかれないレアな様子も余すことなく閲覧できる部分が魅力と言えますね。

動物園職員だから撮影できる瞬間やアングルが多いので、動物好きな人や癒やされたい人におすすめしたいアカウントの1つです。

@nagasakibiopark #masbro #長崎バイオパーク #capybara #капибара #カピバラ ♬ Capybara – Сто-Личный Она-Нас & BETSY

Junya/じゅんや

出典元:@junya1gou

こちらは企業ではなく、個人で4300万人のフォロワーを突破している人気TikToker『Junya/じゅんや』さんのアカウント。

メントスコーラを口で受け止めたり、バリカンで髪の毛を刈ったりと身体を張った内容が非常に面白く、若い世代を中心に人気を集めています。

視聴回数やいいね数は常に多く、日本人だけでなく外国の方からもたくさんのコメントをもらっている個人で成功しているアカウントです。

@junya1gou ♬ オリジナル楽曲 – Junya/じゅんや

まとめ

今回は、TikTokでバズる方法やコツ、欠かせない要素について解説してきました。

TikTokでバズらせるためには、まずどうしたらバズるのかをしっかりと理解した上で下記の6STEPを実践してみてください。

STEP
TikTokの運用目的を明確にする
STEP
ターゲットユーザーを決める
STEP
投稿の企画を練る
STEP
企画に沿った内容を投稿する
STEP
投稿の反応率を分析する
STEP
分析内容を踏まえ投稿を改善する

すでに多くの人気TikTokerがいる中で、バズることは簡単ではありませんが、今回紹介した内容を元に運用していけばバズる可能性がグッと高くなりますよ。

また、トレンド要素を取り入れながら投稿頻度や投稿時間なども意識すると、より結果が出やすくなるのでぜひ実践してみてください。

この記事を読んで、あなたがTikTokで成功するための手助けになれたら嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次