Instagram集客完全版!ポイントや方法、成功事例も紹介

「Instagramを使って集客ってできるの?」
「Instagramで集客を始めたい!」
「Instagramで集客しているけど上手くいかない…」

Instagramは、もはやビジネスの場において必要不可欠なマーケティングツールです。そんな中、Instagramを使って集客しようとしている、または集客ツールとして活用しているけどなかなかうまく行っていない、なんてことありませんか?

いきなりInstagramを運用して集客しようと思ってもすぐには効果がでないもの。「本当にこのやり方であってるのかな?」「どうやったらもっと多くの人に見てもらえるんだろう?」と疑問に思いますよね。

ではなぜ集客に繋がらないのでしょうか?それはズバリ、ユーザーの気持ちや行動を考えたアカウント設計、運用ができていないからなのです。

そこで今回は、Webマーケティングを3年以上経験してきている筆者がInstagramで集客するために必要な最低限の知識や方法、ポイントなどを初心者でもわかりやすいように解説していきます。

また、成功事例やおすすめの運用代行会社なども紹介していますので、参考にしてみてください。

目次

Instagramが集客に適している3つの理由

Instagramを使う利用者の増加

利用者が増加しているInstagramは、今や集客の場に適したSNSとなっています。

2010年10月のリリース開始からわずか3か月でユーザー数100万人を突破し、瞬く間に世界中の人たちが活用するSNSとなったInstagram。現在では世界で10億人、国内で3300万人(2019年6月時点)が利用しています。

言い換えれば、日本人の4人に1人が日々Instagramに足を運んでいるのです。商品やサービスを知ってもらおうと、人通りが不規則な道で広告チラシを配るのと4人に1人が足を運ぶInstagramで宣伝するのでは、見込み客をつくれる可能性に大きな違いが出ますよね。

つまり、Instagram内で商品やサービスの宣伝をすれば、単純計算で4人に1人の日本人へあなたの商品を知ってもらえる可能性が生まれます。そのため、Instagramは集客にうってつけの場といえるのです。

注意
Instagramの利用者数は最新情報がわかり次第、更新いたします。

Instagramは現代の検索エンジン

Instagramは、有益な情報を入手する手段としても活用されているため、集客に適したツールといえます。フェイスブックジャパンによればユーザーの4人に1人がInstagramのハッシュタグ検索機能を使って情報を入手しているとのこと。

上記で解説した利用者の増加やハッシュタグによる検索機能の利便性も重なり、情報集めのツールとしても活用されています。日本の首都東京がそうですが、人の集まるところには自然と情報が集まるもの。利用者の増加がInstagramを情報の集まるSNSへと進化させたのです。

そのため、Instagramのユーザーは「都内でおいしい焼肉屋さんが知りたい!」「最近流行りのデートスポットが知りたい!」など気になった情報を得るためにInstagramを使う人も多いのが事実です。

Instagramで集客を行えば、知りたい情報を得るための検索を通して、ユーザーへあなたの商品やサービスを知らえる可能性が高まるのです。

集客を後押しするInstagram機能の充実

Instagramには集客を後押しする機能が充実しているため、ビジネスの場として活用しやすくなっています。

投稿を見て気に入った商品やサービスをその場で買えるショッピング機能やInstagramから直接店舗へ問い合わせができる機能など、Instagramにはユーザーを自然に集客できる機能が充実しています。

ユーザーがアカウントのプロフィールページや投稿に興味や関心を持てば、そのまま自然に購買行動を起こしてくれる仕様になっているため、独自で行うのと比べ効率の良い集客が期待できますよ。

Instagramマーケティングで集客に失敗する5つの理由

Instagramを使った集客が失敗する理由は、以下の5つです。

  • アカウントがわかりにくい
  • 投稿クリエイティブが魅力的ではない
  • 投稿内容に共感や学び・面白さなどが乏しい
  • 投稿する時間帯や頻度がバラバラ
  • Instagram機能を活用できていない

これからInstagramを使って集客を始める人は、しっかり頭に入れておきましょう。また、実際に集客をしていて上記に当てはまる状況であれば、すぐに改善しましょう。

理由1:アカウントがわかりにくい

唐突ですが、上画像のようなプロフィールのアカウントをあなたならフォローしたいと思うでしょうか?

結論、わかりにくいアカウントではInstagramを使った集客は上手くいきません。なぜなら、あなたのアカウントプロフィールページを訪れたユーザーは、74%もの確率で5秒以内に立ち去ってしまうからです。

そもそもInstagramでは、アカウントのプロフィールページを訪れなければフォローができない仕組みになっているため、プロフィールページはフォローするかどうかを決める重要な材料となるのです。

どんな人なのか、何をしている人なのかが一目見てわからないプロフィールではフォローしてもらえる可能性は低く、集客に重要な見込み客となるフォロワーを獲得しずらくなるのです。

理由2:投稿クリエイティブが魅力的ではない

投稿したクリエイティブ(画像・動画)が、フォロワーの関心や興味を惹くものでなければ、Instagramを使った集客は困難になります。

周知のとおり、Instagramは写真がメインのSNS。ユーザーはハッシュタグ検索やおすすめ欄から、自然に投稿のクリエイティブを比較し、心くすぐられるものを選んでいいます。

そのため、上画像のようにクリエイティブへ重きを置かない投稿は、ユーザーの比較時に見劣りし、タップされません。また、いくらフォロワーといえど魅力的でないクリエイティブの投稿を見続ければ、フォローを外したくなりますよね。

画質はもちろん、関心や興味をくすぐるクリエイティブでなければ、ユーザーの心はつかめず集客にも繋がりづらくなります。

理由3:投稿内容に共感や学び・面白さなどが乏しい

共感や学びが乏しく面白みのない投稿を続けると、最悪フォロワーの減少に繋がり、集客どころではなくなってしまいます。

なぜなら多くのInstagramユーザーは、「この人はどんな投稿をしているのだろう?」などといった、何かしらの期待を持って投稿を閲覧するからです。

仮に、気になって閲覧した投稿が上画像のような内容では、さすがに「次も見てみよう!」とはならないですよね。もちろん、集客目的でなければ自分が好きなように投稿をしても何の問題もありません。

しかし集客を目的とする以上、共感や学び・面白さが乏しい投稿では見続けてくれるユーザーは増えず、集客には繋がらないでしょう。

理由4:投稿する時間帯や頻度がバラバラ

投稿する時間帯や頻度がバラバラでは、見込み客であるフォロワーを集客できる可能性は低くなります。なぜならフォロワーは、あなたの投稿を継続的に閲覧するからこそ、商品やサービスに対する認知・購買意欲を増していくからです。

いつ投稿するのかわからない気まぐれなアカウントと3日に1回17時に投稿するアカウントでは、どちらが継続的にフォロワーから閲覧されるでしょう。また、フォロワーに投稿を閲覧する習慣が身につきやすいのは、どちらのアカウントでしょうか。

もちろん、後者ですよね。前者のように投稿する時間帯や頻度がバラバラでは、フォロワーが継続的にあなたの投稿を閲覧してくれる可能性は低くなります。結果、フォロワーの商品やサービスに対する認知や購買意欲が増すことはなく、集客に繋がらなくなるでしょう。

理由5:Instagram機能を活用できていない

集客に役立つInstagramの機能を活用できていないと、売上などの結果が出るのに時間がかかってしまいます。なぜなら集客を後押しするInstagram機能の活用次第では、集客効率を飛躍的に高められる可能性があるからです。

仮に、あなたが投稿の見たあとそのまま商品を買える「ショッピング機能」を使わず、これまで通りInstgaramで商品販売をしているとします。この場合、投稿にてユーザーの購買意欲を高め、特定のページへアクセスを促すことで購入してもらいますよね。

しかし、特定のページへアクセスするまでの間でユーザーの購買意欲が落ちてしまったり、そもそもアクセスがめんどくさいとユーザーが感じてしまえば、購入するはずだったお客さまを逃してしまうリスクがあります。

一見あって然るべきと感じられるかもしれませんが、ショッピング機能を使えば、購買意欲の高まったユーザーにその場で商品を購入してもらうのが可能です。結果、ショッピング機能を活用していない時と比べ、お客さまを逃すリスクは下がり、売上が上がる可能性は高くなります。

上記のように、集客に役立つInstagram機能を活用するか否かでは、集客効率や結果に大きな差が生まれるのです。

さて、ここまで読んでいただいた人の中には、「どうしたらInstagramを使った集客はうまくいくの?」と思った人もいるのではないでしょうか。確かに、集客に失敗する理由がわかっただけでは、うまくいくイメージはわかないですよね。

下記では、集客に成功するポイントを5つにまとめて解説するので、失敗する5つの理由を踏まえながら参考にしてみてください。

Instagramマーケティングで集客に成功する5つのポイント

Instagramを使って集客で成功するポイントは、下記の5つです。

  • アカウントページの充実
  • ユーザーを魅了する良質な投稿写真
  • 共感性や学びのある投稿内容
  • 定期的な投稿頻度
  • Instagram機能の活用

「ポイントはもうおさえているから実際の運用方法が知りたい!」という人は、Instagramアカウント運用方法に飛んでいただき、自分の状況に適した方法を参考にしてみてください。

では、それぞれ解説していきます。

ポイント1:アカウントページの充実

上記で解説しましたが、Instagramではアカウントのプロフィールページを訪れなければユーザーをフォローできないため、プロフィールページはフォローするかどうかを決める重要な材料となります。

出典元:@keiyamazaki

そのためプロフィールページには、どんなアカウントなのか、何をしているアカウントなのか、が訪れたユーザーにわかるよう必要な情報を記載しておくと良いですよ。

ユーザーがあなたをフォローするのは、「この人の投稿はまた見たいな!」と思うからこそ。アカウントのプロフィールページは、一目見れば必要な情報が伝わるようにしておきましょう。

また、下の記事ではInstagramのプロフィールページについて詳しく解説しているので、気になる人は参考にしてみてください。

教えて!インスタグラムのプロフィールをきれいに作る6つのポイント

ポイント2:ユーザーを魅了する良質な投稿写真

投稿する際は、ユーザーが思わず見惚れるような良質さにこだわった写真をあげるよう心がけましょう。

写真がメインのInstagramでは、見た数秒でインパクトを与えるクリエイティブの作成が肝となります。そのため画質はもちろん、伝えたいメッセージや内容を織り込んだ投稿写真をあげられるよう、重きを置いてクリエイティブを作成すると良いですよ。

また、下の記事では魅力的な投稿クリエイティブの作り方について詳しく解説しているので、気になる人は参考にしてみてください。

初心者でも簡単!インスタグラムストーリーをオシャレに加工する方法を画像/動画別に紹介

ポイント3:共感性や学びのある投稿内容

投稿には、見込み客であるフォロワーが共感する、または学びになるような内容を織り込みましょう。「実はわたしも困ってたんだよね…」と共感する内容や「勉強になった!」と学びになる内容を投稿できるとベストです。

共感や学びをもたらす投稿を続ければ、フォロワーは着実にファンやお客さまへと育っていきます。あなたの見込み客は何を求めているのか、どんな悩みを抱えているのかを考え、フォロワーに寄り添った内容を投稿するよう心がけましょう。

また、下の記事ではフォロワーに寄り添った投稿内容の作り方について詳しく解説しているので、気になる人は参考にしてみてください。

【徹底解剖】インスタグラムのフォロワーが増えない7つの原因

ポイント4:定期的な投稿頻度

投稿する時間帯や頻度を決め、定期的に発信しましょう。投稿するタイミングを決め、定期的な発信を継続すれば、フォロワーにあなたの投稿を閲覧する習慣が身につき、集客に繋がる可能性が高まります。

また定期的な発信は、投稿するあなたと閲覧するユーザー、互いにってスケジュールを立てやすいというメリットもありますよ。

下の記事ではフィード投稿やストーリーの適切な投稿頻度について詳しく解説しているので、気になる人は参考にしてみてください。

誰でもできる!インスタグラムの集客方法を8STEPで解説

ポイント5:Instagram機能の活用

ショッピング機能などといった、集客に役立つInstagramの機能は、積極的に活用しましょう。集客効果の見込める機能を使わずしてInstagramを運営していては、宝の持ち腐れ。

Instagramを中心とした人の集まるSNSをビジネスの場として活用する動きは、今後も加速します。今一度、Instagramの機能で集客に役立つものはないか確認したり、アップデートのたびに集客へ活用できる機能の有無を確認するなどの癖をつけると良いでしょう。

【これから集客を始めたい人向け】Instagramアカウント運用方法

これからInstagramを使って集客を始める人は、下記のステップを参考にしながらアカウントを運用しましょう。

  • STEP1:誰が見てもわかりやすいアカウントに設計する
  • STEP2:投稿写真は統一感を意識する
  • STEP3:投稿内容には「学び・共感・面白さ」などを盛り込む
  • STEP4:ハッシュタグは「ミドルワード」を狙う
  • STEP5:投稿日時を決め定期的に投稿する
  • STEP6:UGCを活用したストーリーズを投稿する
  • STEP7:ハイライト機能を活かしUGCをストックする
  • STEP8:数ヶ月に1度はキャンペーンを実施する
  • STEP9:インフルエンサーを活用したキャンペーンの実施
  • STEP10:広告を出稿し新規ユーザーへのリーチを獲得

それぞれ解説していきますね。

STEP1:誰が見てもわかりやすいアカウントに設計する

出典元:@keiyamazaki

上画像のようにどんなアカウントなのか、何をしているアカウントなのか、がわかるプロフィールページをつくりましょう。下記の各項目を参考にしながら、誰が見てもわかりやすいプロフィールに編集してみてくださいね。

アイコン写真

アイコン写真は、あなただとわかる顔写真がベスト。顔写真を載せるのに抵抗がある人は、商品やサービス、店舗などに関連性の高い写真を載せるのがベターです。もちろん、一目見てあなただとわからない写真は避けましょう。

名前/ユーザーネーム

名前の欄はフルネーム、ユーザーネーム欄は誰もが一目でわかるよう半角英数字で記載しましょう。フルネームはもちろん、名前やニックネーム、商品や誕生日などを組み合わせてつくるのもおすすめです。

紹介文

プロフィールの紹介文には、職業や趣味、出身地・誕生日などの必要情報を箇条書きで載せましょう。アカウントページへ訪問したユーザーにあなたを的確に知ってもらます。

また、長文や改行のない文章はNGです。改行もなく文字がびっしり並ぶ長文のプロフィールでは、なかなか読む気が起きませんよね。内容に関わらず長文というだけで読まれないケースが多いので、注意しましょう。

ウェブサイト

ウェブサイト欄には、HPや他SNSのURLを入れましょう。あなたのプロフィールを見て気になったユーザーが、サイトやSNSに訪れてくれるかもしれません。

ちなみに、URLは紹介文の欄に入れてもリンク化はしないので、ウェブサイト欄に入れるよう注意してください。

ハイライト

出典元:@yukos0520

ハイライト欄には、あなたを深く印象付けるストーリーや商品などに関連性の高い投稿を追加しておきましょう。動画の情報量はテキストの約5,000倍、数十秒の動画を見てもらえるだけで、あなたの認知度は大きく上がります。

ハイライトがあるかないかでは、プロフィールのわかりやすさは雲泥の差。集客を機に、あなたや商品のPRの目的を据えたハイライト用の動画をつくっても良いでしょう。

下の記事では、ハイライト機能の特徴や使い方などを網羅的に解説しているので、良ければ参考にしてみてください。

インスタグラムストーリーのハイライト機能とは?作り方や使い方、参考例も紹介

STEP2:投稿写真は統一感を意識する

上画像のような統一感のある写真を投稿しましょう。プロフィール同様、フィード投稿の写真もユーザーがあなたをフォローするかを決める要素となるため、アカウントテーマに統一した写真の投稿は非常に重要となります。

出典元:@keiyamazaki

また、ユーザーは、プロフィールページの投稿写真を1枚ずつ見ているわけではなく、ちょうどスマホ画面いっぱいに表示される9枚の投稿写真を1セットとして見ているため、9枚を1セットとした際の統一感が重要なのです。

上画像のフィード投稿は、9枚の写真に統一感があるため、グルメ系のアカウントであるのがすぐにわかりますよね。ちなみに、テーマに沿わない写真を投稿する際には、9枚1セットで見ても違和感がないよう、背景の色を揃えるといいですよ。

また、下の記事ではInstagramの統一感についてより詳しく解説しているので、気になる人は参考にしてみてください。

誰でも簡単?インスタグラムで統一感を出す3つのコツ【参考アカウントあり】

STEP3:投稿内容には「学び・共感・面白さ」などを盛り込む

上画像のように、学びや共感、面白さを感じるような投稿内容にしましょう。いくら統一感のある投稿でも、誰でも知っているような内容では興味をそそられませんよね。

他ユーザーと差別化をはかるためにも、「あなただから発信できる情報」を投稿内容に盛り込めるのが理想です。下記は一例ですが、あなたの得意とするジャンル、知識が深い題材を選ぶと良いですね。

  • 世界100カ国巡った私がおすすめする国
  • ボディービルの大会で入賞した僕が紹介する効率的な筋トレ方法
  • 20キロのダイエットに成功した私が作る食べても太らないヘルシー料理
  • 現役整体師が紹介する家でもできる姿勢改善

STEP4:ハッシュタグは「ミドルワード」を狙う

ハッシュタグを付ける際には、投稿検索数が1〜5万件の「ミドルワード」を使いましょう。投稿検索数が2645万件の「#ファッション」ような人気ハッシュタグは、使うユーザーが多いため、検索で見つかりづらくなります。

せっかくハッシュタグを付けたのに、多くの投稿に埋もれてしまっては本末転倒。かといって、投稿検索数の低いニッチなハッシュタグを付けても、そもそも検索されません。

そのため、人気とニッチの間、投稿検索数が1〜5万件の「ミドルワード」のハッシュタグを使いましょう。また、ハッシュタグの効果的な使い方がより詳しく知りたい人は、下の記事を参考にしてみてください。

知ってた?Instagramでフォロワーを増やす7つのハッシュタグ活用法

STEP5:投稿日時を決め定期的に投稿する

投稿は、時間帯や頻度を決めて定期的に発信しましょう。ストーリー投稿は1日1回、フィード投稿は3日に1回がおすすめです。

特にストーリーは、Instagramを使うユーザーが一番目にしやすくタップしやすいところに表示されいるため、1日1回投稿すればユーザーがいつ訪れても見てくれる可能性が高くなります。

なにより、見込み客となるフォロワーに「1日1回、あなたのストーリーを見る」という習慣が自然に身につくため、定期的な投稿は一石三鳥です。もちろん、投稿する時間帯や頻度を決めたら欠かさずに投稿しましょう。

また下の記事では、投稿にいいねが付きやすい時間帯について詳しく解説しているので、良ければ参考にしてみてください。

インスタグラムでいいねが増える3つの時間帯【投稿ポイントやプロフィールの作り方も紹介】

STEP6:UGCを活用したストーリーズを投稿する

出典元:@kurashiru

UGCを活用したストーリー投稿をしましょう。UGC(Uesr Generated Contents)とは、ユーザーが作り出すコンテンツのこと。Instagramにおいてはフィード投稿やストーリーなどがUGCにあたりますね。

実際に商品を使ってみた感想や訪れたお店の様子を投稿したストーリーなどといった、あなたの商品や店舗にまつわるUGCは、集客に重要な商品の認知や理解、親近感や信憑性を高めてくれます。

なぜなら、多くの消費者は商品を買う際やお店を選ぶ際、口コミやレビューを参考しているからです。広告やCMに比べ親近感や信憑性が高いと感じるUGCは、購買に大きな影響を与えます。

また、Instagramは有益な情報を得るためのツールとしても活用されているため、UGC投稿をストーリーにシェアすれば、あなたの集客に重要な商品の認知や理解はもちろん、親近感や信憑性が高まるのです。

あなたの商品や店舗にまつわるUGCを見つけた際は、積極的にストーリーでシェアすると良いですよ。

STEP7:ハイライト機能を活かしUGCをストックする

出典元:@kurashiru

ストーリーに投稿したUGCは、プロフィールページで見てもらえるよう、ハイライトに追加しておきましょう。あなたの商品にまつわるUGCは、ハイライトなどに二次利用でき、コンテンツ数を担保できるメリットもあるのです。

そのため、ストーリーに投稿したUGCをハイライトに追加すれば、投稿から24時間を経過した後でも、プロフィールページを訪れたユーザーにもUGCを見てもらえます。

あなたの商品や店舗にまつわるUGCをストーリーにシェアしたら、ハイライトへの追加も欠かさず行いましょう。

STEP8:数ヶ月に1度はキャンペーンを実施する

出典元:@tombowpencil

数カ月に一度はキャンペーンを実施しましょう。キャンペーンとは、Instagramで商品やサービスをプロモーションすること。Instagramのキャンペーンを使えば、広告費などの制作コストを多くかけずに、ユーザーへ商品の紹介が可能です。

キャンペーンは、商品への認知や購買意欲を高めるだけでなく、投稿を応募条件にすればUGCの増加にもつながるので、時期を決め定期的に行いましょう。

STEP9:インフルエンサーを起用したキャンペーンの実施

出典元:@mb_knowermag

STEP8に付随しますが、キャンペーンではインフルエンサーの起用も検討・実施しましょう。集客は積み重ね、始めたてのうちに単独のキャンペーンを実施してもすぐに理想の効果が出るわけではありません。

だからこそ、インフルエンサーを起用したキャンペーンは、効果的かつ効率的な施策となります。インフルエンサーを起用する費用も考慮し、効果的なキャンペーンを実施しましょう。

STEP10:広告を出稿し新規ユーザーへのリーチを獲得

STEP9までが実行できたら、広告を出稿し新規ユーザーの獲得に励みましょう。広告の出稿は、新規ユーザーを獲得するための有効的な手段になります。

興味を持ちそうなユーザーに向けて広告を配信すれば、あなたの商品やサービスへの認知度はもちろん、見込み客が増加する可能性が高まるでしょう。またInstagram広告の出稿には、大きなコストもかからず手軽にできるのでおすすめです。

下の記事では、Instagramのストーリー広告の特徴や出稿方法まで詳しく解説しているので、より詳しく知りたい人は参考にしてみてください。

【初心者必見】インスタグラムストーリー広告の出稿方法とメリットデメリット、成功事例を紹介

【集客が上手くいかない人向け】Instagramアカウント運用方法

Instagramを使って集客を始めたものの思うように結果が出ていない人は、下記の改善ステップを参考にしながら、アカウントの運用方法を見直しましょう。

  • STEP1:集客が上手くいかない原因を特定しよう
  • STEP2:原因の解決方法を見出そう

それぞれ解説していきますね。

STEP1:集客が上手くいかない原因を特定しよう

集客を改善する際には、上手くいってない原因の特定に注力しましょう。いくら効果のある解説策を実行しても、原因が的外れではいつまでも集客の改善は見込めませんよね。

かの有名なアインシュタインも「地球を救うために1時間という時間が与えられたとしたら、59分を問題の定義に使い、1分を解決策の策定に使うだろう」と、原因の特定こそが大切であると述べています。

上手くいかない時ほど、「どうやったら解決できるだろう…」と解説策を出すのに頭や時間を使いがちです。問題を目の前にした際には、原因の特定に力を注げるよう、注意しましょう。

少し前置きが長くなりましたが、今回はあらかじめ集客が上手くいかない原因としてよくあげられる下記2つを解説するので、参考にしてみてください。

例1:投稿内容が似通っている

「似通った投稿内容の発信を続けている」は、集客が上手くいかない原因の一つです。

人は飽きを感じる生き物、新鮮味がなかったり、過去に学んだ内容や共感が繰り返される投稿内容では、さすがに飽きてしまいます。また、あなたの投稿を習慣的に見ているユーザーであればなおさら。

いくらファンでも似通った投稿内容が続けば飽きますし、何より「これからもこういう内容の投稿が続くんだろうな」と今後の投稿への期待感が下がってしまいます。結果として、フォロワーの減少や集客効果が上がらない事態を招くのです。

例2:気付けば自己満投稿ばかりになっている

気が付けば集客という目的を忘れた投稿をしてませんか?人は物事を続けていると、目的を忘れてしまう生き物です。

集客ならびに売上UPという当初はあった目的が、投稿を続けるうちに「投稿すること」自体が目的に。結果、フォロワーを考慮せず自己満足するような投稿内容となり、集客に繋がらない事態を招いているのです。

自分の行動が原因であるとは、本人では気付きづらい盲点になりえる原因ですね。

STEP2:原因の解決方法を見出そう

原因が特定できたら、適切な解決方法を見出しましょう。上記で解説した2つの原因に対する解決方法は、下記の通りです。

 
原因

解決

例1

投稿内容が似通っている

あらかじめ1ヶ月先の投稿内容を決めておく

例2

気付けば自己満投稿ばかりになっている

ペルソナ選定やアカウント設計を上流から見直す

特定した原因に対して適切な解決方法を策定・実行できるよう、参考にしてみてください。

例1:あらかじめ1ヶ月先の投稿内容を決めておく

あらかじめ今後1か月で投稿する内容を決めておきましょう。事前に投稿内容を決めておけば、内容が似通るのを防止でき、その都度内容を考えるコストも下がります。

また、日々の忙しさから投稿内容を決めるおくことそのものが漏れないよう、「毎月28日17時~18時」のように、決める日付と時間帯を決めておくと良いでしょう。せっかくの解説策がやらずじまいでは、本末転倒ですからね。

例2:ペルソナ選定やアカウント設計を上流から見直す

今回を機に、Instagramを使った集客におけるペルソナやアカウント設計を見直してみましょう。

そもそもどんなユーザー(ペルソナ)を集客したいのか?ペルソナに該当するユーザーが興味を抱くようなプロフィールページ、投稿内容はどんなものなのか?など、アカウントの設計が集客に適したものとなっているのかを確認、再定義するのが良いでしょう。

同じ問題に頭を悩ませないよう、アカウント設計の見直しも定期的に行うのをおすすめします。

【さらに集客したい人向け】Instagramアカウント運用方法

Instagramでの集客が軌道に乗り、さらに集客効果を高めたい人は、下記のステップを参考にしながら、今以上の結果へ繋げましょう。

  • STEP1:アカウントの顧客層やリピート率を確認する
  • STEP2:既存・新規ユーザーの期待値を分析する
  • STEP3a:既存ユーザーのリピート率を上げる施策を行う
  • STEP3b:新規ユーザーへリーチする施策を行う

それぞれ解説していきますね。

STEP1:アカウントのリピート率や顧客層を確認する

今以上の集客効果を見込む施策を模索するため、現状の運用パフォーマンスからアカウントの顧客層やリピート率を確認しましょう。

アカウントへのアクテビティが多いのは、どの年齢層なのか?アクティビティの多いユーザーのリピート率はどのくらいなのか?を確認すると良いですね。施策を行う前に現状パフォーマンスをはっきりさせることで、施策の効果向上に繋がります。

STEP2:既存・新規ユーザーの期待値を分析する

現状のパフォーマンスが確認できたら、既存・新規ユーザーそれぞれの期待値を分析しましょう。既存と新規どちらのユーザーをターゲットにより注力した施策を行うべきか判断するためです。

施策を行うターゲットがあいまいでは、施策の効果が半減するだけでなく効果以上にコストがかかります。

既存ユーザーのリピート率を高める施策に注力した方がさらなる集客効果を見込め局面で、新規ユーザーに同様のコストを割いてしまっては施策の効果が半減するどころか、効果以上にコストがかかってしまいますよね。

既存・新規ユーザーそれぞれをターゲットに施策を行った場合、どれだけの効果が見込めるのかを分析し比較、高い効果が見込める方を選んで施策を行いましょう。

また、次のSTEP3ではターゲットが既存の場合と新規の場合にわけて解説するので、該当する方を参考にしてください。

STEP3a:既存ユーザーのリピート率を上げる施策を行う

既存ユーザーをターゲットにした際は、リピート率を上げる施策を行いましょう。新規ユーザーでは獲得できない、投稿を見続けているユーザーだからこそ得られる、特典や有益な情報の提供が良いですね。

STEP3b:新規ユーザーへリーチする施策を行う

新規ユーザーをターゲットにした際は、リーチ高める施策を行いましょう。

見た数秒でインパクトを感じるクリエイティブの作成、ならびに広告やキャンペーンの実施。インフルエンサーの起用やハッシュタグの活用など、コストを考慮しつつターゲットである新規ユーザーに刺さるコンテンツの提供に努めましょう。

【成功事例】Instagramで集客に成功しているアカウント3選

「実際、Instagramで集客に成功している事例ってあるの?」と疑問を感じている人もいるはず。ここでは、実際にInstagramを使って集客に成功している下記3つのアカウントを紹介します。

  • トンボ鉛筆
  • クラシル
  • teamLab

成功事例は上手くいくイメージはもちろん、何より参考にしやすいモデルとなります。より参考にしたい人は、アカウント名をタップして実際のアカウントページものぞいてみると良いですよ。

トンボ鉛筆

出典元:@tombowpencil

「トンボ鉛筆」を筆頭にユニークな文房具を取り扱う株式会社トンボ鉛筆のInstagramアカウントです。文房具を楽しさ感じてもらおうと積極的にInstagramを活用し、集客効果をあげています。

プロフィールには、トンボ鉛筆を象徴するアイコン写真と下記のようにどんなアカウントなのかが誰が見てもわかるよう書かれています。

トンボの新製品やイチオシ文具、いろいろな使い方など投稿しています!

必要情報やURLの記載はもちろん、オリジナルハッシュタグを活用するなどの工夫も見られますね。またハイライトには新製品を告知するストーリー、きれいな投稿写真やUGCなど、Instagramを使った集客に大切な要素がしっかり取り入れられています。

この記事で解説した運用方法の体現となるロールモデルアカウントですので、実践の際は参考にすると良いでしょう。

クラシル

出典元:@kurashiru

フォロワー数400万人到達目前の大人気アカウント「クラシル」。献立を決める際、クラシルを参考にしている方も多いのではないでしょうか。

下記のようにプロフィールにはどんなアカウントなのかだけでなく、投稿を閲覧・シェアるメリットもわかりやすく書かれているため、ユーザーが習慣的にアカウントを閲覧・活用する工夫が見られます。

簡単でおいしく作れるレシピを毎日配信中!#クラシルごはん をつけて投稿すると、クラシル公式がシェアします。

また、プロフィールページに表示されるフィード投稿のサムネイル(一番最初に表示される見出し)は、思わずタップしたくなるような興味を引くクリエイティブに仕上がっていますね。

フォロワー数400万人を裏付ける、集客のお手本にするべきInstagramアカウントです。

teamLab

出典元:@teamlab

最新テクノロジーを活用したデジタルコンテンツ開発を行っている「teamlab」。2018年よりお台場に常設されたデジタルアートミュージアム「チームラボボーダレス」は、今もな客足の衰えない反響ぶりです。

アカウントの最たる特徴は、何といっても目も心も魅かれる投稿クリエイティブ。写真がメインのInstagramとの相性もピッタリです。

文章に比べ約5,000倍の情報量がある写真の特性を最大限に活かすため、文章を控えめにクリエイティブで惹く・伝えるアカウント設計となっています。

クリエイティブに特化したアカウント設計を理想とする人はもちろん、良質なクリエイティブの参考になるアカウントです。

Instagram集客が学べるおすすめ本3選

「Instagramを使った集客が学べる、参考になる本が知りたい!」という人に向け、こちらでは3冊のInstagram集客が学べるおすすめ本を紹介します。

いちばんやさしいInstagramマーケティングの教本 人気講師が教える「魅せるマーケ」勝利の法則 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)

大人気「いちばんやさしい教本」シリーズのInstagramマーケティング版の本書。Instagramをビジネスに活用する方法が丁寧に解説されています。

また、基礎的な内容はもちろん、実践ベースの応用的な内容も事例を交えて解説しているので、初心者はもちろん、実際にInstagramを使って集客を行っている人にもおすすめです。

Instagramを使った集客について学ぶなら間違いなしの一冊でしょう。

Instagram集客の教科書

2020年1月の出版から瞬く間に話題となった本書。

1年数か月で3万人以上のフォロワーを獲得した実績を持つ2名の著者が執筆した本書。いいねやフォロワーの増やし方、集客した見込み客から売上をあげるまでの方法をわかりやすく解説しています。

実践しながら活用できる仕様で書かれているため、参考書にピッタリな一冊です。もちろん、Instagramの基本的な使い方なども解説されているので、初心者にも優しい本となっていますよ。

Instagram 集客・販促ガイド

女性をターゲットにしたInstagramの活用法をフルカラーで解説している本書。ユーザーが好む写真の撮り方や加工方法はもちろん、効果的なキャンペーンの実施方法やサロンの集客方法にいたるまで、網羅的な内容を解説しています。

女性を集客のターゲットにしている人、個人でInstagramアカウントを運営しビジネスに活用したい人は、参考書として活用すると良いでしょう。

また、下の記事では今回紹介した本のほかにもInstagramを使った集客について学べるおすすめ本について紹介しているので、参考にしてみてください。

Instagramを使った集客が学べるおすすめ本10選!【基礎・応用別に紹介】

【すぐにフォロワーを増やしたい人向け】集客ツールおすすめ3選

「Instagramアカウントの運用方法はわかったけど、できるだけ早く集客で結果を出したい…」と思っている人もいるはず。

上記でも解説しましたが、集客は積み重ね。一概に運用方法を実践すれば即座に集客効果が見込めるわけではありません。しかし、集客ツールを活用し運用面でのコストを下げ、効率化を測れば結果として早く集客効果を出すのも可能となります。

こちらでは3つのおすすめ集客ツールを紹介するので、参考にしてみてください。

influxer(インフラクサー)

業界随一のフォロワー増加率を誇るInstagramの集客ツール「Influxer」。

こちらからフォローすることでフォローバックを狙う手法「フォローアクション」を一切せずフォロワーを獲得します。そのため、フォロワー数を稼ぐためにただフォローしている知らないユーザーの投稿でタイムラインページが埋まることや、フォロー数がフォロワー数を上回る心配もありません。

また、Instagramアプリのアップデートによる仕様変更などといった最新情報も即座に収集しているので、アカウントが凍結されるリスクもありません。

独自の仕組みで行われる的確なアクションでフォロワーを増やすInfluxer、負担をかけず、手軽にフォロワーを増やしたい人におすすめです。

下の記事では特徴はもちろん、口コミや自動いいねとの違いなど、Influxerについてより詳しく解説しているので参考にしてみてください。

influxerはどんなシステム?特徴や口コミ、自動いいねと違いまで徹底解説!

Autolikes(オートライクス)

Autolikesは、Instagramの運用を自動でサポートするパソコン専用アプリです。いいねやフォローなどのアクションを、ターゲットユーザーへ自動で行いフォロワーを増やします。

運用を効率化する自動アクションの設定も簡単。自動アクションのパフォーマンスも日々確認できますよ。

MacとWindowsどちらのOSにも対応しているので、手軽に選べる集客ツールです。

SINIS(サイニス)

SINISは、あらゆるInstagramのデータを分析するツールです。これまではスマートフォンからでしか閲覧できなかったインサイトデータをPC上で確認できるのが最大の特徴。

フォロワー数や各投稿のエンゲージメント推移などを確認できます。また、他社アカウントのパフォーマンスデータを取得・閲覧できるため、競合の調査や参考になる有益な情報の獲得が可能。

インサイトデータを用いて集客を実行・改善したい人におすすめです。

また、下の記事では集客ツールの特徴から選ぶポイントも踏まえ、今回紹介した集客ツールのほかにもおすすめを紹介していいるので、参考にしてみてください。

Instagramの集客ツールとは?特徴から選ぶポイントまで解説

【ブランディング/PRしたい人向け】アカウント運用代行会社おすすめ3選

「Instagramアカウントの運法方法を実践しても継続的に管理できるかが不安…」
「できれば管理は外注したい…」

このように感じている人は、アカウント運用代行会社に頼るのも手段の一つです。管理コストの削減や運用の効率化につながるのはもちろん、適時プロと相談しながらアカウント運用できるのは心強いですよね。

こちらでは3社のおすすめ運用代行会社を紹介するので、参考にしてみてください。

fanshub(ファンズハブ)

fanshub official site

「ファンズハブ」は、株式会社Collective&Delightが運営するSNSプロモーションを行うアカウント運用代行サービスです。目的や課題に合わせたKGI、KPIの設定、目標の達成に向けたInstagramアカウントの運用、改善を代行してくれます。

また、Instagramを活用する目的に沿った施策の立案や実施はもちろん、アカウント設計や投稿にいたるまで代行が可能。Instagramのアカウント運用をトータルサポートしてくれる人気サービスです。

下の記事では、ファンズハブの活用事例や実績なども詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

最大28倍の成果!Instagramアカウント運用代行で実績多数のFANSHUBとは?

tete marche(テテマーチ)

「テテマーチ」は、テテマーチ株式会社が運営するSNSプロモーションを行うアカウント運用代行サービスです。ヤクルトや資生堂など、これまで500社以上のSNSプロモーションを支援してきた実績があります。

Instagramに特化したオウンドメディア「インスタアンテナ」での運営ノウハウを活用し、企業の目的や戦略に合わせた企画の立案はもちろん、現状パフォーマンスに対する解決策も提案してくれます。

また、目的に応じてプランナーやライター、プロジェクトディレクターやコンテンツディレクターなどを編成しプロジェクトチームをつくるため、サポート体制が整っているのも特徴です。

SOMEWRITE(サムライト)

「サムライト」は、株式会社サムライトは運営する運用代行サービスです。ソーシャルメディアやSNS、オウンドメディアなどのWebサービスを多岐にわたりサポートしています。

コンセプトやターゲット、KGI/KPIにいたるInstagramの運用設計はもちろん、定期的に分析したパフォーマンスデータにもとづき、改善の提案・実行も代行可能です。

また、投稿クリエイティブやキャンペーンの企画・制作・実施も代行できるため、幅広く集客に向けたアカウント運用をサポートしてくれます。運用全般を代行したい人には特におすすめです。

まとめ

今回は、Instagramを使った集客について解説しました。Instagramを使って集客を行う際には、下記5つのポイントを意識しましょう。

  • ポイント1:アカウントページの充実
  • ポイント2:ユーザーを魅了する良質な投稿写真
  • ポイント3:共感性や学びのある投稿内容
  • ポイント4:定期的な投稿頻度
  • ポイント5:Instagram機能の活用

また今回解説したアカウント運用方法は、あなたの状況に見合った方法を選び、参考にしながら実践してみてください。

この記事が、一層実りあるあなたのインスタライフへの助力となれば幸いです。