何が原因?インスタグラムショッピング機能の審査が通らない5つの原因!対処法まで徹底解説

「ショッピング機能の審査が通るコツってあるの?」
「審査に落ちたらもう諦めるしかないのかな・・?」
「ショッピング機能審査への申請はしたものの、無事に審査が通るのかな…」

インスタグラムのショッピング機能を導入を検討しているけど、審査が通るか不安だったり、審査に落ちてしまう原因がわからなくて困っている人も多いはず。

また審査を出してしばらく経つのに合否の通知が来ないと「どうなったんだろう…?」と疑問にを抱いてしまいますよね。

実はインスタグラムショッピング機能は審査に通った場合のみ約1週間ほどで通知が届き、落ちた場合には通知は届かないんです。

「じゃあ落ちてるな…」と落胆している人はまだ諦めないで下さい。なぜなら審査に落ちた原因を把握し、しっかり対処をすれば再度審査を受けることができるのです。

そこで今回はインスタグラムショッピング機能の審査が通らない5つの原因と対処法について解説していきます。

なぜ審査に通らないのかがハッキリすればその後に対処する方法も見えてきますよ。あわせてショッピング機能に関するよくあるQ&Aも紹介していきます。

それではどうぞ。

インスタグラムのショッピング機能の審査が通らない5つの原因

ショッピング機能の審査が通らない原因は主に下記5つあります。

  • ビジネスアカウントの不備・エラー
  • instagramとFacebookの連携不備・エラー
  • 商品カタログの不備・エラー
  • Instagram/Facebook側のバグ・エラー
  • そもそも利用資格がない

それぞれ詳しく見ていきますね。

1.ビジネスアカウントの不備・エラー

ショッピング機能の審査が通らない原因として、まず考えられるのがビジネスアカウントへの切り替えができていないことです。

インスタグラムでショッピング機能や広告を使う場合にはビジネスアカウントへの切り替えが必要なのをご存知でしょうか?

インスタグラムのショッピング機能を利用する場合には、利用要件というものがあり、インスタグラムがビジネスプロフィールになっていることがショッピング機能を使うための必須条件になっているのです。

ビジネスアカウントの不備やエラーがあるとショッピング機能の審査は通らないため、必ずビジネスアカウントへの切り替えを完了してから審査を出しましょう。

そのためまずはそれぞれがビジネスアカウントになっているのか確認をしてみましょう。

インスタグラムビジネスアカウントへの切り替えが完了しているか確認する方法は以下の通りです。

  • プロフィールページ右上の3本線をタップします。
  • 設定をタップします。
  • アカウントをタップします。
  • ページ下部がビジネスプロフィールに切り替える。

ビジネスアカウントに変更されると、紹介文とハイライトの間に「インサイト」「広告」などの項目が加わります。上記が表示されているのであれば設定は完了になります。

また、インスタグラムのショッピング機能を使う場合にはFacebookビジネスアカウントへの切り替えも必要。

Facebookでビジネスアカウントを取得するためにはFacebookページを新たに作成しなければいけません。

「Facebookページって何?」と初めて聞く人もいるかと思いますが、Facebook内に個人アカウントとは別に開設できるページのことです。

簡単に言うと、企業が会社名やブランド名で作成するビジネス用のFacebookのページです。ユーザーとの交流や情報発信を目的として運営していくものなので、ホームページの代わりに利用している方も多くいます。

このFacebookページはビジネス機能が豊富でアクセス解析や複数人で管理が可能だったり、広告出稿もできるためSNSマーケティングを行う上で必要不可欠なページと言えますね。

Facebookページの作成はアプリやビジネスマネージャーからの方法もあるのですが、PCでの作成が初心者の方でも一番分かりやすいので今回はPCからの作成方法を紹介していきます。

まだFacebookページを作成していない方はこの記事を読みながら一緒に作成していきましょう。個人アカウントからFacebookページを作成する手順は以下の通りです。

  • 作成画面に移動し、個人アカウントでFacebookにログインし、ヘッダーメニューの「+」からページをクリック
  • Facebookページを作成のボタンをクリック
  • プロフィール画像とカバー画像を設定
  • 基本情報の設定

Facebookページと、個人アカウントの違いは下記のURLから確認をしてみてください。

参考 個人アカウントとFacebookページの主な違いfacebook navi

2.インスタグラムとFacebookの連携不備・エラー

2つ目に考えられる原因として、インスタグラムとFacebookが連携できていないケースがあげられます。

ショッピング機能はインスタグラムアカウントとFacebookアカウントの連携が必須条件になります。連携するとショッピング機能が使えるようになったり、広告出稿も可能になるのでビジネスの幅が広がることになります。

さらにインスタグラムとFacebookの2つのSNSで同時に投稿もできるので、より多くのユーザーにアプローチできるようになりますよ。

インスタグラムとFacebookの連携は誰でもできる簡単な作業ですし、メリットが大きいので連携がまだの人はここで完了させておきましょう。

連携ができているかはインスタグラムから簡単に確認することができます。

インスタグラムとFacebookの連携確認手順は以下の通りです。インスタグラムの設定画面からFacebookとの連携確認を行う方法を紹介します。

  • マイページ右上のメニューを開く。
  • 設定をタップ。
  • アカウントをタップ。
  • リンク済みアカウントを選択。

リンク済みアカウントを選択した際に、Facebookという文字が青字で表示されている場合は連携が行われていないことになります。そのため、リンク済みアカウントを選択し、Facebookの文字の色に注目してみてください。

3.商品カタログの不備・エラー

3つ目に考えられる原因として、Facebookに登録した商品がコマースポリシーに違反してしまっている可能性になります。

コマースポリシーとは、Facebookやインスタグラムで販売する商品に対する既定の基準です。

インスタグラムではどんな商品でも販売できる訳ではなく、Facebookが定めている範囲内の商品しか販売してはいけないルールになっています。

例えば、危険な薬物や詐欺まがいの超高額商品は販売できません。誤操作で購入してしまったらトラブルなどになりかねませんからね。

インスタグラム、Facebookを活用しビジネスをやっていく場合はこのコマースポリシーを順守していることが必須条件になります。

Facebookのコマースポリシーに準じた商品を扱わないと審査が通りません。

下記でコマースポリシー違反となる商品例を紹介していきますね。

  • 実体のないアイテム
  • サービスやイベントのチケット
  • 説明と写真が一致していない
  • 動物の販売
  • 医療関係のアイテム
  • ビフォー&アフターの写真

コマースポリシーに関して詳しくは下記のFacebook公式ページより確認してください。

参考 コマースポリシーについてfacebookヘルプセンター

あなたが取り扱っている商品がコマースポリシー違反していないかをしっかりと確認しましょう。

4.インスタグラム/Facebook側のバグ・エラー

4つ目に考えられる原因として、インスタグラムとFacebook側のバグやエラーが考えられます。

「え、バグで審査に落ちてる可能性あるの?」と疑問に感じる人もいるかと思いますが、実はあり得る話なのです。

とは言え、審査に通らなかった原因がインスタグラムとFacebook側のバグやエラーと第一に考えるのはやめましょう。エラーで審査に通らない可能性は他の3つの原因と比べて低いからです。

まずは以下の3つを確認をして下さい。

  • ビジネスアカウントの不備・エラー
  • インスタグラムとFacebookの連携不備・エラー
  • 商品カタログの不備・エラー

3つの原因にあてはまっていないかを確認し、その後にバグやエラーの可能性を考えるようにしましょう。

他に原因が見当たらない場合にはインスタグラムとFacebook側のバグやエラーの可能性が考えられます。バグやエラーへの問い合わせをインスタグラムまたは、Facebookにしてみましょう。

また、ショッピング機能の審査結果が出るのは1週間以内とされていますが、アカウントによって時間差があることも覚えておいてください。

5.そもそも利用資格がない

5つ目に考えられる原因として、そもそもショッピング機能の利用資格がないということです。

簡単に説明も付け加えておきますので、ここでしっかりと確認しておきましょう。

ビジネスの所在地はサポートされている市場にありますか。

インスタグラムショッピングでは利用地域・国に制限があります。登録しているアカウントの地域が対象でであれば問題なく審査が進んでいきます。

出典元:https://help.instagram.com/321000045119159?ref=fbb_ig_shopping_setup

有形商品を販売するビジネスですか。

インスタグラムショッピングでは無形商品を扱うことができません。無形商品とは物質的ではない商材のことです。 サービスや情報、金融商品の他、人材派遣や人材教育なども無形商品に分類されます。

インスタグラムショッピングで販売可能なものは有形商品で、 日用品や家電、衣類、形のある商品などが販売対象となりますよ。

そのビジネスはFacebookのコマースポリシーに適合するものですか。

商品カタログの不備・エラーの説明にも記載しているのですが、Facebookにはコマースポリシーというものがあります。

簡単に説明すると、Facebookやインスタグラムで商品の販売をしていく際に規定が設けられています。規定に反してしまっている場合は審査に通ることはありません。なので、コマースポリシーで商品が違反していないか確認しましょう。

あなたのInstagramアカウントはビジネスアカウントですか。

インスタグラムショッピング機能を利用するには、インスタグラム、Facebookともにビジネスアカウントになっていることが条件。

ビジネスアカウントになっていないとショッピング機能の審査に通ることはありません。

お使いのアカウントはFacebookページにリンクしていますか。

インスタグラムショッピング機能には、インスタグラムとFacebookページのリンクが必要になります。

Facebookページのリンクの仕方に関しては、以下の手順でインスタグラムとFacebookページを接続します。

  • マイページ右上のメニューを開く。
  • 設定をタップ。
  • アカウントをタップ。
  • リンク付けしたいアカウントを選択。

以上の方法でリンク付けをしていきます。

上記に記載している情報はFacebookの公式ページにも紹介されています。詳細は以下のURLから確認をしてみてください。

参考 Instagramショッピング設定方法Facebook for Buziness

インスタグラムショッピング機能の審査に通らなかったときの対処法

ショッピング機能の審査に通らなかったときの対処法は以下の5つです。

  • エラー原因を修正する
  • Facebookページ自体を新しく作り直す
  • Facebook/Instagramに問い合わせする
  • 利用ECサイトに確認する
  • 利用資格があるか再度確認する

審査に落ちた人はぜひこの5つの対処法を試してみてください。

エラー原因を修正する

ショッピング機能の審査に通らなかった場合、まずは原因となっているエラーを修正しましょう。自分で修正できる主なエラー原因は以下の3つ。

  • ここにテキストが入ります
  • ここにテキストが入ります
  • ここにテキストが入ります
  • ここにテキストが入ります

ビジネスアカウントへの切り替えをしたつもりでも意外とできていないことがあるため、しっかり確認しましょう。

ビジネスアカウントへの切り替え手順はこちらです。

インスタグラムとFacebookの連携エラーも確実に解消しておきたいポイント。ショッピング機能を使う上で連携は必須となり、連携エラーが原因で審査に通らないのはもったいないですからね。

インスタグラムとFacebookの連携方法は、インスタグラムから行う方法がわかりやすいので、インスタグラムからのFacebookとの連携方法を以下で手順を説明します。

ただし、インスタグラムがビジネスアカウントになっていること確認して行ってください。

  • インスタグラムのプロフィール画面にあるプロフィール編集をタップ。
  • ビジネス情報からページをタップ
  • ページの一覧が出てくるので、連携したいFacebookページをタップ
  • ビジネス情報に選択したページが表示される

商品カタログの不備・エラーに関してはFacebookが定めているコマースポリシーに沿っているか確認しましょう。

もしコマースポリシーに違反している場合には審査が通りませんので、Facebookでの商品登録を見直して変更する必要があります。

Facebookコマースポリシーは下記より確認して下さい。

参考 Facebookコマースポリシー

エラーが原因で審査に通らないことが大半なため、上記で解説したエラーについてまずは一つずつチェックし解消することから試してみましょう。

Facebookページ自体を新しく作り直す

エラーが原因でない場合にはFacebookページを作り直す対処法がおすすめ。アカウントやページを作り直し、改めて連携することで、再びショッピング機能の審査が開始されます。

ただし、審査の中にはフォロワーの数も基準になっていることもあります。アカウントやページを新しく作り直すとフォロワーが0になってしまうので、審査に通りにくくなる可能性もあるのです。

フォロワー数をそこまで抱えているアカウントであれば作り直しても問題ありませんが、既存で多くのフォロワーがいる場合にはじっくり考えてから実行してください。

もし作って間もないアカウントやページであれば、新たに作り直すことをおすすめします。

Facebook/インスタグラムに問い合わせする

Facebook、インスタグラムの問い合わせページから審査に通らなかった理由や、現状の審査の状況を問い合わせをしてみるのも1つの手段。

なお、審査はFacebookが行なってますので正確な時間や審査基準を聞くことができません。

インスタグラムのショッピング審査の結果が出るまでの時間は1週間以内とされていますが2週間ほど結果がでるまでにかかったという事例もあります。

審査に関するお問い合わせは、以下に公式URLからご確認をしてみて下さい。

参考 Facebookのサポート窓口・ヘルプコミュニティFacebook

利用ECサイトに確認する

インスタグラムショッピング機能を利用する際に、使用予定のECサイトも確認してみましょう。

審査に落ちる原因として使用予定のECサイトと連携が出来ていない可能性や、連携しているECサイトがコマースポリシーに違反している可能性があるからです。

ECサイトの管理を外部業者に委託している場合には、委託先の業者にも確認を取ることをお忘れなく。

利用資格があるか再度確認する

そもそも利用資格がない場合があるかもしれないので、インスタショッピング機能の利用においての利用資格についても確認をしてみましょう。公式ページから抜粋します。

  • ビジネスの所在地はサポートされている市場にありますか。
  • 有形商品を販売するビジネスですか。
  • そのビジネスはFacebookのコマースポリシーに適合するものですか。
  • あなたのInstagramアカウントはビジネスアカウントですか。
  • お使いのアカウントはFacebookページにリンクしていますか。
参考 Instagramショッピング設定方法facebook for Business

商品がコマースポリシーに違反していないか、アカウントがFacebookページに連携されているかなど意外と見落としてしまう人も多いのです。

Facebookが定めている利用資格を満たしているか入念に確認して下さい。

インスタグラムショッピング機能に関するQ&A

まだリリースされてから数年しか経っていないインスタグラムショッピング機能について、さまざまな疑問をお持ちの人も多いはず。

そこでよくあるインスタグラムショッピング機能のQ&Aを3つほど紹介します。

Q.インスタグラムショッピング機能におすすめのECサイトサービスはありますか?

ECサイトサービスは色々なものがあるので、手軽にECサイト運営や投稿をできてインスタグラムのショッピング機能におすすめなサービスを紹介します。

  • BASE
  • Shopify

CMなどでおなじみのBASEは、ネットショッピング開設ランキング4年連続1位のサービスになります。

特に、ネットショッピング初心者の方にはおすすめなサポートが充実していてネットショップ運営のノウハウを教えてくれるセミナーを開催したり、販売チャンネルを使った集客支援など、初心者向けサポートが整っています。

Shopifyは2004年にカナダで創業されたECサイト作成サービスで、世界175ヶ国で利用されているシェアNo.1のサービス。

導入コストが安い、世界で使われているサービスのため多言語の使用可能、テンプレートの種類も豊富なのでデザインも製作者の意図に沿ったものを作りやすくなっています。

このようにインターネット上のプラットフォームがあります。ネットショップを簡単に作成できるサービスなので、ご自身でECサイトをまだ開設出来ていない方にとってはとても便利なECサイトサービスです。

自身のネットショップを作り、インスタグラムと連携させることでショッピング機能を導入することができます。

それぞれの詳細は下記URLを参考にしてみてください。

参考 BASEネットショップ開設 参考 Shopifyネットショップ開設

Instagramのショッピング機能についてより詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

→Coming Soon……

Q.インスタグラムショッピング機能で再審査したい場合はどうすればいいですか?

Facebook・インスタグラムからの正式な情報が公開されたいないため利用審査に落ちた場合、各条件を満たすように対応いただくことで自動的に再審査が行われる場合と、行われない場合がありです。

条件を満たすように対応しても自動で再審査が行われない場合は、外部ECサイト(ex..BASE)・Facebook・Instagramの全ての連携を解除して、最初から連携のお手続きを試してみて下さい。

Q.インスタグラムショッピング機能を含め運用代行してくれる会社はありますか?

インスタグラムの運用代行会社は多くありますが、ショッピング機能まで対応してくれる会社は限られています。

そんな中、ショッピング機能に対応していてインスタグラム運用をまるごと任せられる会社が株式会社Collective&Delightです。

fanshub official site

株式会社Collective&Delightは、インスタグラムをはじめとしたSNSサービスを利用したブランディング向上サービスの『FANS HUB(ファンズハブ)』というサービスを提供している会社。

「ファンズハブ」課題や目的に合わせてKGI、KPIの設定からサポートを行い、数値目標に対して運用業務、改善業務を代行してくれます。

特徴として、ただ投稿代行するのではなく設定したKGI、KPIの数値に沿って効果的な広告運用、キャンペーンの企画や立案をしてくれるんです。

さらに拡散が期待できるインフルエンサーを起用した施策も実施可能。オプションで依頼したい代行を付けることができるのでショッピング機能も対応してくれますよ。

費用対効果の高い成果を望める運用代行会社と言えます。

株式会社Collective&DelightのFANS HUB(ファンズハブ)についてより詳しく知りたい人は以下の記事を参考にして下さい。

最大28倍の成果!Instagramアカウント運用代行で実績多数のFANSHUBとは?

まとめ

今回はインスタグラムのショッピング機能の審査が通らない原因と対処法に関して解説しました。

審査が通らない原因は以下の4つです。

  • ビジネスアカウントの不備・エラー
  • インスタグラムとFacebookの連携不備・エラー
  • 商品カタログの不備・エラー
  • インスタグラム/Facebook側のバグ・エラー

まずは、なぜ審査が通らなかったのかを明確にすることで適切な対処ができるようになりますよ。

一度審査に落ちたとしても原因を修正すれば再度審査してもらえて通ることもあるので諦めずチャレンジしてみてください。

今回の記事を読んで、これから新たにインスタグラムショッピングを活用してくれたらうれしいです。

この記事のおさらい

インスタグラムショピング機能審査に落ちる原因が知りたい!

インスタグラムショッピング機能審査に落ちる原因は主に以下の5つです。

・ビジネスアカウントの不備・エラー
・instagramとFacebookの連携不備・エラー
・商品カタログの不備・エラー
・Instagram/Facebook側のバグ・エラー
・そもそも利用資格がない

インスタグラムショッピング機能審査に通らなかった場合どうしたらいいですか?

インスタグラムショッピング機能審査に通らなかった場合の対処法は以下の5つです。

・エラー原因を修正する
・Facebookページ自体を新しく作り直す
・Facebook/Instagramに問い合わせする
・利用ECサイトに確認する
・利用資格があるか再度確認する