Instagramの動画広告とは?導入方法と効果を上げる5つのポイント

20201年現在、多くの企業や個人事業主がInstagramマーケティングに取り組んでいて、プロモーションや広告宣伝に力を入れています。

特にストーリーズの人気爆発の影響で、広告動画の需要は非常に増えていますね。

この記事を読んでいるあなたは

「そもそもInstagram広告動画ってどうやって導入すればいいの?」
「動画広告の効果ってぶっちゃけどうなの?」
「Instagram広告動画は他の広告とは何が違うの?」

なんて疑問や悩みを持っているのではないでしょうか。

いざ広告動画を導入しようと思っても、何から手をつければいいのかわからなかったり、正しいやり方が分からず諦めてしまう人は意外と多いはず。

そこで今回はInstagram広告動画の特徴と出稿方法を画像付きで解説していきます。

また、Instagram広告動画の効果を最大化するポイントや注意点もあわせて紹介しますね。

初めて広告動画を出稿する人でも、この記事を読みながら進めていけば問題なくスタートできるようになりますよ。

それではどうぞ。

Instagram広告動画の種類と特徴

Instagram広告は、種類や投稿方法によって得られる効果やユーザーからの印象が変わってきます。

そして、Instagram広告の種類は大きく分けて3つにに分けてることができるので、それぞれの特徴について解説をしていきます。

  • フィード広告
  • ストーリーズ広告
  • ディスカバリー広告(発見・タグ)

それぞれの特徴について解説をしていきます。

フィード広告

フィード広告の特徴は、Instagram広告が投稿と投稿の間で配信されることでユーザーに自然な形で広告配信ができる点にあります。

リスティング広告のように表示されるスペースが決まっている訳ではなく、フィード投稿の中で、他のユーザーの投稿と同じように表示されます。

このように自然な形での広告配信が可能になります。

他の投稿と同じように表示されるので広告っぽさが無く、ユーザーの興味を惹くクリエイティブであれば関心を持ってもらいやすいです。

また、画像やテキストを用いて、数種類のアクションに繋がるボタンも設定できますよ。

ストーリーズ広告

ストーリーズはInstagramユーザーの70%が利用しており、その数は全世界で5億人以上に。多くのユーザーにリーチする方法としてストーリーズ広告の活用はとても効果的な方法になります。

ストーリーズ広告のメリットは大画面表示されるという点。

ストーリーズ広告は1枚1枚の投稿になるため、他のユーザーの投稿が完全に画面から消えます。

つまり、デバイス画面を広告で埋めることができるのであなたの広告だけを集中して見てもらえるという訳ですね。

ユーザーから興味を持ってもらうためには、広告の情報量が鍵になるので大きな画面を使えることは他の広告方法との違いですね。

また、ストーリーズ広告は、広告として認識されにくい特徴があります。基本的に、広告は煙たがられ避けられやすい傾向にあるため、広告と認識されると内容すら見てもらない可能性が高いのです。

実際、WEB検索をした際にリスティング広告が表示されるとクリックしない人が多いのではないでしょうか?

でも、Instagramのストーリーズ広告はユーザーの投稿が自然に切り替わることで、違和感なく広告を表示することができるのです。

また、ビジネス感の強い広告に関してはユーザーにスキップされる傾向があります。ユーザーの見づらいものや、好きではないものは自然とスキップするのでブランドイメージを崩さずに広告できます。

ディスカバリー広告(発見タグ)

ディスカバリー広告(発見タグ)の特徴はInstagramのアルゴリズムで算出されるパーソナライズの仕組みにあります。

パーソナライズとはユーザーがフォローしている人や、「いいね!」をした投稿に基づいて自動的に日々傾向が似ているものを表示することができる仕組みです。

よって、発見タブに広告が表示される=ユーザーの興味のある分野。となるので興味を持ってもらいやすくなりますね。

Instagram広告の動画適正サイズや長さは?

Instagram広告の動画サイズに関しては、Facebookの公式ページから推奨の動画の長さや、画像サイズが紹介されています。

なぜ、推奨されている動画サイズと動画の長さが公表されているのかというと、ユーザーが使いやすい環境をInstagramは第一優先に考え、追求しているからです。

以下の推奨サイズ・長さに従わなければならないという訳ではありませんが、Instagramが様々なデータを取り公表しているものになるので推奨サイズ・長さで作成していくことをおすすめします。

それでは、投稿種類別に分けているので動画広告を配信をする際の参考にしてみてください。

動画投稿種類ストーリーズフィード・ディスカバリー投稿
推奨アスペクト比(画像サイズ)9:16・正方形 – 1:1
・横型 – 1.91:1
・縦型 – 4:5
動画の長さ・45秒から先は「このまま見る」を
タップして画面遷移が必要
(画像では5秒間表示される)
・1秒から120秒
(IGTVで表示できる動画広告の長さは最大15秒)
1秒から120秒
動画ファイルサイズ4GB4GB
動画ファイル形式mp4,movmp4,mov

Instagramの動画広告の課金方式は?

Instagramの動画広告の課金方式について解説していきます。課金方式は以下の4つの方式があります。

  • CPM(Cost Per Mille)
  • CPC(Cost Per Click)
  • CPI(Cost Per Install)
  • CPV(Cost Per View)

それぞれの課金方法、特徴についてわかりやすく解説していきます。

CPM(Cost Per Mille)

CPM(Cost Per Mille)はインプレッション単価とも言います。

広告の表示回数が1000回あたりにかかる費用のことを指しています。Instagram広告では1リーチ(1人に広告表示させる)につき0.5〜1円が費用相場になります。

CPMはひとまず自社の商品やサービスをとにかく幅広くたくさんの人に知ってほしいなどの認知獲得フェーズの方におすすめな課金方法。

Instagram広告の費用に関しては以下の記事を参考にしてください。

【知らなきゃ損】Instagram広告の費用相場はいくら?課金方式や効果を出す方法を紹介

CPC(Cost Per Click)

CPC(Cost Per Click)はクリック単価とも呼び、クリック1件あたりにかかる費用を指します。

CPCは自社サイトや商品、サービスの紹介ページへ誘導していきたいときに有効です。そしてユーザーの動向を追うことにも繋がるので、広告の費用対効果を測るためには使いやすい方法。

またインプレッション(広告表示)が発生してもクリックされなければ費用はかからないので、初心者の方には分かりやすい課金方法になります。

Instagram広告では1クリックあたり平均30円〜120円前後が相場です。

CPI(Cost Per Install)

CPI(Cost Per Install)とはインストール成果型のリワード広告のこと。

広告の表示、クリックでは費用が発生しないので、費用対効果も計算しやすくなり、アプリのインストールを促したい時に効果的な方法になりますね。

1インストールあたり100円〜150円前後が相場になります。

CPV(Cost Per View)

CPV(Cost Per View)は広告視聴単価ともいいます。広告視聴1回あたりにかかる費用を指し、動画広告は視聴してもらえることが重要なのでこの課金形態が取られます。

一般的なCPVは広告の視聴が中断されたり、途中でブラウザが閉じられたりした場合は課金されません。広告動画が全部再生された場合のみ発生するので、広告投資の費用が抑えらるのがポイントですね。

しかし、Instagram広告の場合、費用が発生する条件はユーザーが10秒以上動画を再生したときになります。

Instagram広告のCPVの費用は1再生あたり4円〜7円が相場になっています。

Instagram広告の費用に関しては以下の記事を参考にしてください。

最低予算111円?Instagram広告料金と効果を出す4ポイント紹介

Instagram動画広告の出稿方法

出稿方法に関してはPCの場合とスマホで行っていく方法がありますが、今回はPCを使って広告出稿をする方法をSTEP形式で解説していきます。

スマホから動画広告を出稿する場合、事前に投稿されているものからしか広告出稿ができないので、PCからの操作がおすすめですよ。

以下ではSTEP形式で動画広告の出稿法を解説していきます。

STEP1:Facebookページを開く

まずはお持ちのFacebookページ開きます。

画面右上の「+」を選択か画面中央「広告を作成」をクリックします。どちらでも同じページに移動します。

STEP2:キャンペーンの目的を選択

ここでは広告運用の目的に沿った項目を選択します。もし、広告運用の目的が明確ではない場合は、まずは運用目的を明確にすることから始めましょう。

広告運用の目的が定まっていないと改善策や最適な施策が実行できませんからね。

また、この目的によって出稿する広告の種類、課金方法が変わります。

「何のためにInstagram広告を運用するのか」を個人で運営する方はいまいちど考えてみましょう。チームや会社で運営していく場合は目的を明確にするために話しあってもいいですね。

STEP3:キャンペーンを作成

キャンペーン名には一目でわかりやすい名前を付けておきましょう。キャンペーンで興味をひくこともできるのでキャンペーン名もとても大切になります。

STEP4:広告セットを作成

今回、作成するものは以下の3つになります。

  • 予算と期間
  • オーディエンス
  • 配置

になります。

予算と期間

予算は1日の予算と、通算予算を選択します。予算を増やすことは1日の想定されるリーチ数も増えるので、掲載期間と広告にかけられる費用を計算して1日あたりの予算設定をしましょう。

期間は掲載日から掲載終了日を設定します。

オーディエンス

カスタムオーディエンスとは、Facebook(Instagram)利用者の中から広告を配信したいユーザーを選定する機能になります。

名前や電話番号等、メールアドレスからあなたが広告を配信したい人、したくない人をグループ化して配信する人グループで分けます。

あなたのビジネス、サービスに興味や関心の高いユーザーのみに広告を配信することで無駄な予算をかけずに、高い効果を出すことができます。

配置

広告を配置するプラットフォームを選択します。自動配置に選択するとFacebookが推奨している箇所に予算を最大限活かしてくれる場所を選んでくれます。

とくに配置場所にこだわりがない場合には自動配置で問題はありません。

手動配置を選択すると、Facebook、Instagram、Audience Network、Messengerの4つから好きなプラットフォームに配信できます。

そしてフィードや、ストーリーズ、などにも配置することも可能になります。

STEP5:広告を作成

最後のSTEPになります。このSTEPが完了したら広告配信が始まります。以下の3つを設定していきましょう。

  • こ広告表示する名前
  • クリエティブ
  • コールトゥアクション(CTA)

広告表示する名前

FacebookページとInstagramアカウントを選択します。複数アカウントを持っている場合は確認を忘れずに行いましょう。

クリエイティブ

広告に表示するメディア、テキスト、リンク先を設定します。

メディアは画像か動画を選択し、配信方法をどのようにして表示するのかを設定しすることができます。確認したい場合はプレビューが右上に表示されているので確認をしていきましょう。

テキストはメイン、見出し、説明に短く簡潔に読み手に伝わる文章を作成します。

コールトゥアクション(CTA)

コールトゥアクション(CTA)はユーザーの行動を誘導するボタンの表示です。「詳しくはこちら」「予約する」「申し込む」等のボタンから選択できます。

選択できたら、右下の「公開する」ボタンをクリック。クリックした際に「審査中」と表示がされ問題がなければ広告が開始されます。

内容に問題があると、エラー表記され公開されません。その場合にはエラー箇所を修正して公開しましょう。

上記で記述をさせてもらいましたが、PC以外でもスマホでも簡単に出稿できる方法もありますので、スマホの操作方法を知りたい人は以下の記事でも紹介させてもらっているので確認してみてください。

【完全ガイド】Instagram広告運用の始め方!特徴、コツ、運用代行会社も紹介

Instagram動画広告の効果を最大化させるポイント5つ

Instagram広告は、広告出稿の敷居が低いことや、ユーザー数が日本国内で3,300万人いることから競合も多くなります。

競合よりもユーザーの目に留まる方法を考え、工夫しなくてはユーザーに見てもらえません。

動画広告の効果を最大化させるポイントは以下の5つ。

  • 最初の3秒に続きが気になる要素を持ってくる
  • ターゲットに沿った動画クリエイティブにする
  • 動画広告の適正サイズで作る
  • 音声ではなくテキストで伝わるようにする
  • CTAを促すような言葉を選ぶ

最初の3秒に続きが気になる要素を持ってくる

動画広告は最初の3秒間がとにかく重要。それはユーザーの多くが再生開始から3秒で7割の人が次の動画に移ってしまうからです。

現代ではスマホ普及率が高く、いろいろな情報が手に入る時代になりましたよね。現代人がこのIT化が進んだ社会で培われたものが「瞬間判断力」という分野になります。

よって、最初の3秒間でユーザーはこの動画は自分にとって必要な情報なのか?それとも不必要な情報なのか?を瞬時に判断し、次のアクションを無意識的に決めて行動に移すようになったのです。

なので、最初の3秒でどれだけ引きを作れるかが、動画広告のポイントになります。

ターゲットに沿った動画クリエイティブにする

広告効果を最大化するためには、自分たちの商品を「どんな人に、何を伝え、どんな気持ちになってほしい」のかを明確にすることが大切になります。

ターゲット・目的を明確にしそのユーザーのニーズに答えられるような動画広告を作成しましょう。

動画広告を制作する際にはユーザー目線を忘れず、ユーザーの気持ちを想像しながら動画クリエイティブを制作していきましょう。

動画広告の適正サイズで作る

フィード・発見タブ、は「正方形」で動画を作成することが推奨されています。

なぜなら以下の画像のように、Instagramアカウントの情報と画像下部のテキストがスマホ全体に表示されるので、ユーザーがスクロールをせずに情報が視認できるからです。

ストーリーズ広告は画面全体での訴求ができることが強みになので、縦長で動画を作成をすることが推奨されています。

画面全体を有効活用するために縦長でサイズを作ることがポイントになります。

以上のようにどこに広告を配置するのかによって適正サイズが変わるので配置場所を意識して動画を作成していきましょう。

音声ではなくテキストで伝わるようにする

音声ではなくテキストなのかというと理由はユーザーがInstagramを使うシーンにあります。

Instagramを利用しているユーザーの多くはスキマ時間にInstagramを利用しているためスマホがマナーモードになっている場合が多いのです。

動画を見ている=音声も聞いている。とは断定しきれないので注意をして作成しましょう。キャプション(字幕)をつけたり、ストーリー仕立てにすることで視覚にも訴求できるようにすることがポイントになります。

CTA(Call To Action)を促すような言葉を選ぶ

Call To Action(コールトゥアクション)とは、行動喚起の意味で、動画広告を視聴したユーザーが次の行動をしたくなる仕掛けづくりのことです。

広告は見てもらうことが目的ではなく、最終的にはECサイトやLPへの遷移、商品購入してもらうために出稿しますよね。

そのためには広告を見たユーザーの行動を喚起させる言葉選びが重要になるのです。

例えば、広告の最後にECサイトへ誘導するための以下2つのボタンを設置したとします。

Aパターン 「購入検討の方はコチラへ」

Bパターン 「もっと見てみたい!」

Aの場合、広告を見た段階で購入したいと考えている人はクリックしますが、それ以外のユーザーはクリックしないでしょう。

購入を促されると「いや、まだ買うって決めた訳じゃないし」と煙たがられECサイトやLPへの誘導が上手くいかないケースが多々あります。

商品が実際に見れるECサイトまで訪れたら購入するであろう人を取り逃がしている、いわゆる機会損失ですね。

一方、Bのように「もっと見てみたい!より詳しく知りたい!」など、一旦購入するかは置いておき、まず見てみませんか?というようなニュアンスであればクリックされやすくなります。

このように伝えたい意味は同じでも、言葉が違うだけで感じ方は変化します。

ユーザーの心理的ストレスを考えた言葉遣いができると動画や、次のサイトへのクリック数が変わるようになってきますので言葉遣いもしっかり考えましょう。

自社サイトやLPに誘導しやすくするためにも、Call To Actionを促す言葉、表現を選ぶことがポイントです。

Instagramの動画広告を行う上での注意点

Instagram広告動画を配信する際の注意点は以下の3つ。

  • 広告ポリシーを守る
  • テキストは画面占有率の20%以内にする
  • アイコンやアクションの位置を確認する

Instagram広告動画の作成時や、出稿時の注意点をそれぞれ解説していきますね。

広告ポリシーを守る

広告を出稿するためにはFacebookが定める広告ポリシーを守る必要があります。

この広告ポリシーには、コンテンツの制限や、禁止されているものなどが細かく記載されています。

広告ポリシーに反していた場合には広告出稿ができないこともあるので、広告を出稿する前には必ず確認をしましょう。

具体的にどんな広告ポリシーが動画広告にあるのか紹介していきます。

邪魔なコンテンツ

動画広告やその他同様のタイプの広告では、画面の点滅など、過度に利用者の妨げになるような手段を用いてはいけません。

娯楽に関する制限

成人を対象にした映画の予告映像、テレビ番組、ビデオゲームの予告映像、その他同様のコンテンツは、Facebookからの書面による事前許可がある場合にのみ認められ、広告のターゲット層を18歳以上の利用者に設定する必要があります。これらの広告で、次のようなコンテンツを過剰に描写することはできません。

  1. 薬物やアルコールの摂取
  2. 成人向けコンテンツ
  3. 不適切な表現
  4. 暴力や残虐な内容

詳細は以下のFacebook公式ページから確認をしてみてください。

参考 広告ポリシーFace book

テキストは画面占有率の20%以内にする

テキストで動画が埋もれてしまうと商品イメージ、ブランドイメージ伝わらないということが起きてしまいます。

動画広告の場合は、伝えたいことを動画にして物語として訴えかけているので、画面占有率は20%以内に抑えましょう。

広告配信に使うバナー(画像)の画像面積をテキストが20%以内でなければならない。というFacebook広告の定めていたルールがあったことをご存知でしょうか?

仮に20%以上を占めていた場合、広告の配信量が減少したり、不承認になったりというペナルティがありました。

このルール自体は2020年の秋に撤廃されましたが、Instagramにおいてテキストが多すぎる広告は避けられやすいので、20%を目安にテキストの占有率は注意しましょう。

アイコンやアクションの位置を確認する

Instagram広告を出稿する際には、Instagramの設定上アイコンやアクションが表示される部分が決まっているので、配置を理解してテキストやアイコンを配置することが重要。

ストーリーズの場合では、動画の上下約14% (250ピクセル)の範囲にはテキストやロゴを配置しないように工夫をし、プロフィールアイコンやコールトゥアクションで隠れないようにクリエイティブを配置しましょう。

クリエイティブを作成する際に、プレビュー画面で確認をして被らないようにして十分に注意をしましょう。

詳細は下記公式ページで確認をしてみてください。

参考 動画ストーリーズFacebook for Business

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はInstagram広告動画について紹介させてもらいました。内容は大きく分けて以下3つになります。

  • Instagram広告の動画の種類と特徴
  • Instagram動画広告の出稿方法と5つのポイント
  • Instagramの動画広告の注意点

上記3つを意識することでInstagram広告動画の運用が効率的になります。

Instagram広告動画の特徴や、広告クリエイティブ作成時の注意点を理解し作成することで、より多くの人にリーチすることが可能になり、成果もでやすくなるでしょう。

今回の記事がInstagram広告動画を上手に活用する手助けになれば嬉しいです。