今さら聞けないInstagram広告5つのメリットと効果を高めるコツを紹介

商品・サービスの認知度や購買意欲を高められると噂のInstagram広告。とはいえ、この記事に訪れた方の中には、

「Instagramに広告を出すメリットが知りたい!」
「Instagram広告に効果が出るイメージができない…」

など、疑問や悩みを抱いている方も多いのではないでしょうか。

いくらInstagramが優れた広告媒体だとしても、活用次第では効果が出づらくなります。理想的な効果を上げるためにも、Instagram広告の特徴は抑えておきたいですよね。

そこで今回は、Instagram広告を出す5つのメリットをご紹介。メリットを踏まえ、Instagramで広告を出す際の注意点や効果を高めるコツについても解説します。

この記事を参考にすれば、費用対効果の高い広告配信を実現できるでしょう。

それでは参ります。

Instagramで広告を出す5つのメリット

ではさっそくInstagram広告にある下記5つのメリットを解説します。

メリット
メリット1:世界10億人以上のユーザーに発信できる
メリット2:自由に広告費用を設定できる
メリット3:若いユーザーをターゲットにしやすい
メリット4:細かくターゲティングできる
メリット5:視覚的な商品PRができる

Instagram広告がどれだけ優れた広告配信か理解できるよう、それぞれ丁寧に解説していきますね。

メリット1:世界10億人以上のユーザーに発信できる

日本国内のみならず、全世界のユーザーへ向けて広告配信できるのがInstagram広告のメリットです。広告配信する場合、全世界10億人以上のユーザーをターゲットにすることが可能なんですよ。

海外市場を対象に広告配信できるということは、より多くの人に広告を見てもらえるチャンスが生まれます。また、海外市場を対象としたビジネスを行っている人にとってInstagram広告は最適な広告手段となるんです。

写真や動画を用いてシェアするInstagramの特性上、海外ユーザーへ言語の壁を超えて自社商品をアピールできるからなんですよ。海外ユーザーも興味を引く魅力的なクリエイティブを制作し自社商品をアピールしましょう。

メリット2:自由に広告費用を設定できる

費用を自由に設定できるのもInstagram広告のメリットです。セルフサーブ型(運用型)のInstagram広告の場合は広告費用から配信期間まで自由に調整できるんですよ。

“MEMO”
セルフサーブ型広告:目的に合わせて予算や配信期間を自由に調整できる広告のこと。複雑な手続きがなく、アカウント開設から支払いまですべてオンラインで完結するため、誰でも気軽に広告運用ができる。

資金力の少ない企業や個人にとって、Instagram広告は費用対効果が高く運用できる広告媒体です。最低広告予算は1日111円から出稿でき、1ヶ月運用する場合は月3330円から広告出稿することが可能。

とはいえ、効果のある広告配信をするに月3330円以上の広告予算を用意して運用する必要があります。もちろん目的次第でInstagram広告にかける費用は変わるので、目的に適した予算で広告配信しましょう。

Instagramの広告費用や仕組みについて詳しく知りたい方は、以下の記事で紹介しているので良ければ参考にしてください。

【知らなきゃ損】Instagram広告の費用相場はいくら?課金方式や効果を出す方法を紹介

メリット3:若いユーザーをターゲットにしやすい

Instagram広告では、若いユーザーをターゲットにしやすくなります。若い世代にリーチできる広告プラットフォームは少なく、特に若い女性に多くリーチできるのは貴重な広告手段なんですよ。

引用元: https://gaiax-socialmedialab.jp/post-30833/

年齢別ユーザー数を見ても、若いユーザーが多い中で20代女性のユーザーが一番多いいことがわかります。シェア機能がなく拡散力が弱いInstagramだからこそ、若いユーザーにリーチさせることが重要。

特に、流行に敏感な20代女性に興味を持ってもらうことで拡散力の高い口コミ効果が期待できますよね。若いユーザーや女性をターゲットにしている場合は、Instagramとの親和性も高く効果的な広告効果を見込めるでしょう。

メリット4:細かくターゲティングできる

広告運用において、ターゲティングの細かさは成果に直結する重要な要素になります。Instagram広告はFacebook広告と同様のターゲティング設定ができ、とても細かいターゲティング設定が可能。

その為、自社で設定したターゲットユーザーへ狙い通りに広告をリーチさせやすくなるんですよね。Instagram広告のターゲティング設定は以下の情報を踏まえて設定できます。

  • 地域
  • 年齢
  • 性別
  • 交際ステータス(独身、未婚、既婚)
  • 仕事・役職
  • ライフイベント(誕生日や記念日が近いユーザーのターゲティング)
  • 興味・関心
  • 行動(どのデジタルデバイスで接続しているか)
  • つながり(いいねの有無、アプリの利用状況)

また、自社のユーザーデーターを元に類似したユーザーへ広告出稿できる類似オーディエンスという機能もおすすめ。類似オーディエンスを活用することで、より簡単に効果的な広告出稿ができるでしょう。

メリット5:視覚的な商品PRができる

Instagram広告を活用すれば、あなたの商品を視覚的にPRできます。写真や動画をメインに視覚的なPRができることで言語の壁も超え効果の高い宣伝ができるんですよ。

Instagramユーザーは、写真や動画を見るためにアプリを開いています。その特性上、文章よりも写真や動画の方がメッセージや魅力が伝わりやすく最適な広告媒体なんですよね。

通常投稿やストーリに流れる仕組みで広告出稿できるため、広告感もなく自然に広告を見てもうことが可能。既存ユーザーから反応が良かった投稿を広告出稿することで、新規ユーザーの興味を引きやすくなるのでおすすめですよ。

Instagramで広告を出す3つの注意点

Instagram広告のメリットは理解できたでしょうか?実際にInstagram広告を運用する気になった方もいるはず。。

とはいえ、Instagram広告を出す上では以下の3つの注意点があるため、気をつけて運用しなければいけません。

“Instagramで広告を出す3つの注意点”
  • 注意点1:他のSNSと比べると拡散力が弱い
  • 注意点2:高クオリティのクリエイティブが必要
  • 注意点3:少額では効果がでにくい

それぞれの注意点について解説していきますね。

注意点1:他のSNSと比べると拡散力が弱い

Instagramには「シェア機能」がないため、投稿してもフォロワー以外のユーザーに認知されづ拡散力が弱くなってしまうんですよね。

そのため、フォロワーが少ない状態で広告を出すことはおすすめしません。まずは自社ターゲットとなるユーザーや口コミ効果を期待できる若いユーザーを積極的にフォローしてフォロワーを増やしましょう。

拡散力のある若いユーザー層からフォロワーを獲得するには、自社アカウントを充実させておく必要があります。Instagram広告でフォロワーを獲得する方法について詳しく知りたい方は、以下の記事で紹介しているので良ければ参考にしてください。

Instagram広告でフォロワーは獲得できるの?方法や注意点、ポイントを紹介

注意点2:高クオリティのクリエイティブが必要

写真や動画で視覚的にPRできる分、ユーザーの目を引くクリエイティブでなければスルーされてしまうのが難点。

高クオリティなクリエイティブを制作する労力や人員を確保できない場合は、広告配信で効果を得るのは難しいでしょう。自社で人員を確保できない場合は、プロに依頼することもおすすめします。

自社で広告制作をする際は、以下のことを意識して高クオリティのクリエイティブを制作してみてくださいね。

  • 画像はシンプルでわかりやすく焦点を1つに絞る
  • 動画の尺は短く15秒以内にする
  • 音声なしでもメッセージが伝わるようにする

また、今回紹介した内容以外でも高クオリティなクリエイティブを作るコツについて詳しく知りたい方は、以下の記事で紹介しているので良ければ参考にしてください。

Instagram広告って効果あるの?失敗例を元に成果を上げる方法を紹介

注意点3:少額では効果が出にくい

Instagramは小額で広告配信しやすい一方、目的に適した予算を用意しておかないと効果は得られないので気をつけなければいけません。

少ない予算では広告を出す期間も限られ、ユーザーへ認知してもらえる機会が少なく効果を出すのが難しくなるでしょう。広告配信をする際は、事前に目的に適した広告予算を確保した上で広告配信することをおすすめします。

また、Instagram広告で効果を得るには、長期的運用で効果測定を行うことがベスト。ユーザーの反応率やデータを取り、問題を改善していくことで広告配信本来の目的を達成できるようになりますよ。

Instagram広告の効果を高める3つのコツ

これからInstagram広告を配信しようと思っていた方は、3つの注意点をご覧になって多少不安になってしまった方もいるはず。とはいえ、Instagram広告を諦める必要はありません。

最後にInstagram広告の効果を高めるコツを紹介するので安心してくださいね。Instagram広告の効果を高めるコツは以下の3つになります。

ポイント
コツ1:広告を出す目的を明確にする
コツ2:アカウントページを充実させる
コツ3:ハッシュタグを活用した投稿をする

それぞれについて解説していきますね。

コツ1:広告を出す目的を明確にする

Instagramへ広告を出す目的を明確にしましょう。なぜなら、手段が先行している状態では広告効果は得られないからです。

目的が定まっていない状態で行う広告配信は、いわば地図のない航海をするようなもの。どこに向かうのか?(誰に届けるか?)わからず、やみくもに広告を出しても意味がありません。

しかし、目的(ゴール)を明確にできれば、効果の高い広告を配信できます。ちなみに、広告の目的を明確にする際は、以下のように考えられるといいでしょう。

  • メールアドレス獲得などのリストを取るのか?
  • 商品を購入してもらうのか?
  • 商品の再購入(一度買ってくれた人がもう一度買う)してもらうのか?
  • HP等への流入を集めるのか?

複数ある中から、自社が目指す目的は何かを明確にすることでターゲットが明確になります。Instagram広告で高い効果を得られるように、必ず目的を明確にしてみてくださいね。

コツ2:アカウントページを充実させる

Instagram広告の効果を高めるにはアカウントページを充実させましょう。なぜなら、アカウントページで興味を引けなければ、新規ユーザーへ伝えたいメッセージを届けられないんですよね。

あなたのアカウントへ訪れたユーザーはプロフィールを確認してフォローするか決めます。有益な情報が得られないと思われてしまえば、フォローもされず自社商品のPRの機会を逃すことになりますよね。

訪れたユーザーがあなたをフォローすれば有益な情報が得られると思ってもらうためにも、アカウントページを充実させましょう。アカウントを充実させる際は、以下の点を意識してみてくださいね。

  • 紹介文に共感を得られるキャッチフレーズを使う
  • プロフィール欄にHPリンクを設置する
  • アカウントテーマに沿った投稿でまとめる
  • 過去投稿はハイライトでジャンル別でまとめる

このようにアカウントページを充実させることで、新規ユーザーにも有益な情報を届けられます。Instagram広告で高い効果を得られるように、アカウントページを充実させてみてくださいね。

コツ3:ハッシュタグを活用した投稿をする

Instagram広告の効果を高めるにはハッシュタグを活用した投稿をしましょう。なぜなら、ハッシュタグを活用しなければ既存ユーザー以外に投稿を見てもらうことが出来ないんですよね。

広告の宣伝効果のみで新規ユーザーに自社商品を認知してもうにも限界があります。広告効果以外でアカウントページの流入を狙う為に、ハッシュタグを活用しましょう。

ハッシュタグを活用した投稿をすることで、自社商品の認知拡大や他の商品を宣伝する効果が見込めます。ハッシュタグを付ける際は、以下の点を意識してみてくださいね。

  • 1つの投稿で10個以上つける
  • ターゲットユーザーが検索しそうなハッシュタグを使う
  • ターゲットユーザーがよく使うハッシュタグを使う
  • 投稿と関連のないハッシュタグは使わない

このようにハッシュタグを活用していくことで、既存ユーザー以外へも自社商品の認知を拡大させることができます。Instagram広告で高い効果を得られるように、ハッシュタグを積極的に使ってくださいね。

Instagram広告で効率的に成果を上げるなら

ここまで読んできた方の中には、「実際にやってみて上手くいくか不安…」「広告へ力を入れたいけど人手が足りない」と感じている方もいるのではないでしょうか。

このような悩みを抱いている方には、、Instagramを中心にSNSの広告運用からコンサルティングまで手厚いサービスを提供している「FANSHUB」がおすすめです。「FANSHUB」では自社の課題や悩みを丁寧にヒアリングし、目的達成までの最適な計画を再構築してくれます。

その後の運用をプロに任せることで、従来以上の高い広告効果や購買意欲の向上が獲得できます。ご興味がある方は是非一度ご相談してみてくださいね。

最大28倍の成果!Instagramアカウント運用代行で実績多数のFANSHUBとは?

まとめ

今回は、Instagram広告のメリットから広告の効果を高めるコツついて解説しました。
Instagram広告の効果を高めるなら、以下3つのコツを意識して広告配信を行うと良いですよ。

  • 1.広告を出す目的を明確にする
  • 2.アカウントページを充実させる
  • 3.ハッシュタグを活用した投稿をする

広告配信の目的を達成できるよう、是非取り組んでみてくださいね。今回の記事を参考にして、あなたのInstagram広告配信へ助力になれば幸いです。